Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2010 - Vol.37

No.01

No.01

Editorial(エディトリアル)

(0001 - 0002)

腹部超音波に思う

住野 泰清

東邦大学医療センター大森病院消化器内科

Original Article(原著)

(0003 - 0010)

非浸潤性乳管癌におけるエラストグラフィ所見についての検討

河内 伸江1, 角田 博子1, 小野田 結1, 菊池 真理1, 刈田 映子1, 松岡 由紀1, 本田 聡1, 矢形 寛2, 鈴木 高祐3, 齋田 幸久1

1聖路加国際病院放射線科, 2聖路加国際病院乳腺外科, 3聖路加国際病院病理診断科

Original Article(原著)

(0011 - 0015)

眼窩内眼動脈の超音波パルスドプラでの血流計測上の血流方向に関する問題点

山田 利津子1, 辻本 文雄2, 菅田 安男3

1聖マリアンナ医科大学眼科学教室, 2聖マリアンナ医科大学臨床検査医学教室, 3日産厚生会玉川病院眼科

Original Article(原著)

(0017 - 0024)

穿孔性十二指腸潰瘍の診断と治療法の選択における超音波検査の有用性

福井 寛也1, 藤岡 正幸2, 梶山 雄司1, 上道 武1, 三上 慎一1, 高 智成3, 安積 正作3, 大原 龍彦4, 臼井 典彦1

1医療法人藤井会大東中央病院外科, 2医療法人藤井会大東中央病院臨床検査室, 3医療法人藤井会大東中央病院内科, 4阪急電鉄株式会社大阪診療所

Case Report(症例報告)

(0025 - 0030)

CPIモードとCHAモードを用いたSonazoid造影超音波が腫瘍血流信号描出に有用であった肺扁平上皮癌の1例

浜崎 直樹1, 今井 照彦1, 柴 五輪男1, 北村 友宏1, 仲川 房幸2, 空 昭洋3, 林田 幸治3, 鴻池 義純4, 平井 都始子5, 木村 弘6

1済生会奈良病院内科, 2済生会奈良病院放射線科, 3済生会奈良病院臨床検査部, 4平成記念病院内科, 5奈良県立医科大学中央内視鏡・超音波部, 6奈良県立医科大学第2内科

Case Report(症例報告)

(0031 - 0035)

古典的帝王切開創部癒着胎盤の1症例 –超音波画像所見の検討–

徳中 真由美, 長谷川 潤一, 市塚 清健, 三村 貴志, 松岡 隆, 大槻 克文, 関沢 明彦, 岡井 崇

昭和大学医学部産婦人科学教室

Ultrasound Image of the Month(今月の超音波像)

(0037 - 0038)

嚢胞性腎細胞癌

蘇 莉莉1, 徐 光2

1人民日報社医院超音波診断科, 2北京医院超音波診断科

Letter to the Editor

(0039 - 0040)

「最新超音波診断装置の分解能」(超音波医学 2007;34(2):151-7)に関して

田中 幸子1, 長井 裕2, 石田 秀明3

1大阪府立成人病センター検診部, 2NGI研究所, 3社団法人日本超音波医学会編集委員会腹部領域担当編集委員

このページのトップへ戻る