公益社団法人日本超音波医学会|The Japan Society of Ultrasonics in Medicine

公益社団法人 日本超音波医学会について

沿 革

本学会の設立は昭和36年10月電気関係学会関西支部連合大会が京都で開催された際にシンポジウム「最近における超音波の医学的応用」が開催されたのに端を発したものであります。これを機会に超音波の医学的生物学的応用に関する学術研究と、これに関する知識の交流を行い学術の興隆と福祉の向上に寄与することを志した研究者の談話会が27名の参加を得て組織され、「超音波医学研究会」が発足いたしました。

昭和40年6月の第2回総会において名称を「日本超音波医学会」と改称し、同年11月の大会で会則を制定し漸次組織制度を充実してまいりました。

昭和62年6月に、社団法人日本超音波医学会の設立が文部省より認可され、また同年、日本医学会への加盟も認可されております。

平成25年3月には、一般社団法人の認可を受け、同年4月1日より社団法人から「一般社団法人」へ移行しました。更に平成28年2月には内閣府の公益認定等委員会から本会の事業は法律の定める公益認定の基準に適合するとの答申が出され、同年4月1日より公益社団法人となりました。

現在、本学会は1万4千余名の会員で構成されています。

超音波医学に関する学理及び技術の研究を通して学術の発展に寄与するとともに、学術集会や学術講演会等の開催、機関誌(和文・英文)・図書等の発行、内外の関連学術団体との連絡及び協力等を行い、超音波医学及び関連領域についてさまざまな活動を行っております。

名 称: 公益社団法人日本超音波医学会 (The Japan Society of Ultrasonics in Medicine)
設 立: 昭和62年6月15日
所在地: 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-23-1 お茶の水センタービル6階
TEL.03-6380-3711 FAX.03-5297-3744
理事長: 工藤 正俊(近畿大学医学部消化器内科)
会員数: 14,918 名(平成27年4月1日現在)
事業内容:
  1. 学術集会、学術講演会等の開催
  2. 会誌の発行
  3. 学会認定医及び学会認定検査士の認定
  4. 内外の関連学術団体との連絡及び協力
  5. その他の目的を構成するために必要な事業