公益社団法人日本超音波医学会|The Japan Society of Ultrasonics in Medicine

超音波専門医制度委員会

2016年12月
公益社団法人日本超音波医学会
超音波専門医認定資格保有者 各位

超音波専門医の資格更新について(重要)

公益社団法人日本超音波医学会
超音波専門医制度委員会
委員長 山本 一博

超音波専門医の資格更新について、2017年・2018年に資格更新を迎える方は、以下を熟読し更新に備えてください。

また、上記以外が更新年の方も、今後同様のケースがありえますので必ずお読みください。

資格更新の条件

  • 更新年の5月末までに5年間で100単位を取得していること。
  • かつ、100単位の中に、日本超音波医学会学術集会(地方会は含まず)に参加することで得た単位が含まれていること
    (少なくとも1回は,学術集会に参加していること)

となっております。

例年、学術集会は5月開催であったため、資格更新対象者で「更新単位が不足している方」や「学術集会(地方会は含まず)への参加実績がない方」は、更新年の5月に開催される学術集会に参加することで、更新条件を満たすことを予定されているかも知れません。
しかし、2018年の第91回日本超音波医学会学術集会は、6月8日 - 10日に開催されますので、2018年5月末に資格更新対象となる方にとっては、単位取得有効期間(2013年6月1日 - 2018年5月31日)外であることをお知らせいたします。

具体的には、次のような状況が発生いたします。

  1. 2017年の資格更新対象者で、学術集会(地方会は含まず)への参加実績がない方
第90回学術集会(2017年5月26 - 28日)に必ず参加してください。専門医資格が喪失します。
【理由】

第90回学術集会に参加せず、「学術集会(地方会は含まず)への参加実績がない状態」で、資格更新を猶予された場合、以下の1と2の理由により、学術集会への参加実績を作ることができず、専門医資格が喪失となります。

  1. 猶予時に認められる1年間の単位取得有効期間が「2017年6月1日 - 2018年5月31日」であること
  2. 学術集会がこの間に開催されないこと(第91回学術集会:2018年6月8 - 10日開催)
  1. 2018年の資格更新対象者

2018年開催の第91回学術集会は単位取得有効期間外の6月に開催されることから、更新条件を満たすことに用いることができません。ついては、学術集会に参加する必要のある方は、第90回日本超音波医学会学術集会(2017年5月26 - 28日)へご参加くださいますようお願いいたします。

また、2019年開催の第92回学術集会は、2019年5月24日−26日で開催することが決定いたしました。

なお、ご自身の資格更新年は、本学会 web siteの「会員専用ページ」よりご確認ください。
※会員ページはリニューアルのため、4/5(水)~4/26(水)の期間各サービスを停止させていただきます。

上記事項に十分ご注意いただき、資格更新の準備を行ってください。