Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.898(2019年)→1.314(2020年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

1976 - Vol.3

Vol.3 No.04

Original Article(原著)

(0223 - 0227)

僧帽弁前尖エコーによる左室拡張終期圧の評価

Assessment of left ventricular end-diastolic pressure by mitral valve echogram.

羽根田 隆, 小岩 喜郎, 石出 信正, 大江 正敏, 宮沢 光瑞, 滝島 任

Takashi HANEDA, Yoshio KOIWA, Nobumasa ISHIDE, Masatoshi OHE, Kozui MIYAZAWA, Tamotsu TAKISHIMA

東北大学医学部第一内科学教室

The First Department of Internal Medicine, Tohoku Univ.

キーワード :

 僧帽弁前尖(AML)エコーのA波は心房収縮に基因するが,近年A波と左室拡張終期圧(LVEDP)との関係が注目されている。筆者らは僧帽弁,大動脈弁に異常がなく洞調律で,正常房室伝導を示す27例を対象としてUCGを記録, AMLエコーを分析して,心カテーテル法で測定したLVEDPと比較,非観血的にLVEDPを推定する方法を検討した。 A波より弁閉鎖時点までのA-C時間は, LVEDP上昇例で増大した。A-C時間と弁開放時間(D-C時間)の比をとり, LVEDPと比較すると両者はr-0.681(p