Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.898(2019年)→1.314(2020年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

1976 - Vol.3

Vol.3 No.04

Review Article(総説)

(0191 - 0200)

泌尿器科領域における超音波診断の現況

棚橋 義克1, 猪狩 大陸1, 原田 一哉1, 渡辺 泱2, 斉藤 正人2, 三品 輝男2

Yoshikatsu TATEHASHI1, Dairoku IGARI1, Kazuya HARATA1, Hiroshi WATANABE2, Masato SAITO2, Teruo MISHINA2

1東北大学医学部泌尿器科学教室, 2京都府立医科大学泌尿器科学教室

1 , 2

キーワード :

長い間,内視鏡やⅩ線を用いた検査法が主流を占めていた泌尿器科債域においても,超音波医学の応用はめざましく,最近では一般市中病院でも,広く実用に供されるようになってきた。そこでこの論文では,現在泌尿器科領域で,どのような目的に超音波診断法が利用されているかを,経腹的接触走査,私たちの開発した経直腸的走査,そして最近脚光をあびてきたドプラ法の応用に項目をわけて述べ,最後にⅩ線を用いたCTスキャン(コンピュータ・トモグラフィ)と超音波断層法とを比較して,私たちの考えを述べることとする。