Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2019 - Vol.46

Vol.46 No.04

Review Article(総説)

(0321 - 0325)

超音波診療における肝画像診断・報告システム

Reporting system for ultrasound imaging diagnosis of hepatic nodules

廣岡 昌史

Masashi HIROOKA

愛媛大学大学院消化器・内分泌・代謝内科学

Department of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine

キーワード : hepatocellular carcinoma, guideline for ultrasonic diagnosis of liver tumor, LI-RADS, US LI-RADS

腹部超音波検査において肝内結節を描出した際に,鑑別診断を行うために肝腫瘤の超音波診断基準があり,報告システムとして腹部超音波検診判定マニュアルがある.いずれも国内では汎用されていたが近年国際的なレポートシステムとしてLI-RADSが提唱され,その中でも腹部超音波検査を対象としたUS-LIRADSが報告された.2018年のアメリカ肝臓学会(AASLD)の肝細胞癌診療ガイドラインの診断アルゴリズムにおいてLI-RADSが用いられており,サーベイランスにUS-LIRADSが重要な役割を担っている.今後はこれらの診断能について検証が重要となる.

When an intrahepatic nodule was visualized on abdominal ultrasonography, we used our two reporting systems. Although both were widely used in Japan, in recent years LI-RADS was proposed as an international reporting system. Of particular note is US LI-RADS, which is designed for abdominal ultrasound examinations. LI-RADS is used in the diagnostic algorithm of the 2018 Practice Guidance from the American Association for the Study of Liver Diseases, and US LI-RADS plays an important role in surveillance. Verification of the diagnostic capability of these systems will be important going forward.