Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

一般口演 消化器
エラストグラフィ 2

(S681)

C型慢性肝疾患に対するIFNフリー治療後の肝硬度非改善例の検討

Evaluation of non-improvement cases of liver stiffness after interferon-free therapy in chronic hepatitis C

梅田 誠, 並川 実桜, 小幡 朋愛, 中澤 佳代, 須原 信子, 山崎 友裕, 菱谷 英理子, 出田 雅子, 松村 毅, 木村 利幸

Makoto UMEDA, Mio NAMIKAWA, Tomoyo OBATA, Kayo NAKAZAWA, Nobuko SUHARA, Tomohiro YAMAZAKI, Eriko HISHITANI, Masako IZUTA, Takesi MATSUMURA, Tosiyuki KIMURA

1兵庫県立尼崎総合医療センター消化器内科, 2兵庫県立尼崎総合医療センター生理検査部

1Gastroenterology&Hepatology, Hyogo Prefectural Amagasaki General Medical Center, 2Physiological Testing Department, Hyogo Prefectural Amagasaki General Medical Center

キーワード :

【目的】
C型慢性肝疾患に対してDirect Acting Antivirals(DAAs)によるインターフ
ェロン(IFN)フリー治療により高率にウイルス排除が可能になったがIFNフリー治療により肝予備能の改善効果が認められるかどうかは不明な点もある.
【方法】
今回我々は血液検査と共に治療開始前,治療終了時,治療終了6か
月後にGE Logic E9を用いShear wave elastography(SWE)を施行し肝硬度(Vs,m/s)測
定を行い,ALT,血小板数,Alb,M2BPGiなどと共に変動を評価しSVR24達成例で治療前よりVs値の低下しない症例について検討を行った.なおVs値は右肋間から10回測定し平均値を用いた.【対象】
当院において2015年7月から2017年11月までにIFNフリー治療を施行しSVR24が得られたC型慢性肝疾患235例(1型155例(ソフォスブビル/レジパスビル99例,オムビタスビル/パリタプレビル/リトナビル49例,エルバスビル/グラゾプレビル7例,2型80例(ソフォスブビル/リバビリン80例).
【成績】
IFNフリー治療による治療前,治療終
了時,治療終了24週後の各種パラメーターの推移及び治療前と治療終了時,治療前と
治療終了24週後の比較ではALT49.0±38.5,20.3±16.1(P<0.001),18.7±13.7(P<0.0
01),PLT17.2±6.5,18.5±6.8(P=0.052),18.5±6.8(P=0.084),Alb4.1±0.4,4.1±0.
3(P=0.428),4.3±0.3(P<0.001), Vs 1.63±0.31m/s,1.56±0.28m/s(P<0.05),1.52
±0.28m/s(P<0.001),M2BPGi 2.62±2.60,1.69±1.60(P<0.001),1.32±1.03(P<0.0
01)と肝機能の改善のみならず治療終了時からVs値,M2BPGiなどの改善を認めAlbは治療終了24週後には上昇を認めたが,Vs値の低下しなかった症例は39例(16.6%)に認めた.
臨床的特徴としては男性16例,女性23例,平均年齢66.4(40-84)歳,HCV-RNA6.1(4.5-7.2)LogIU/mL,
Fib4<3.25 20例,Fib4>3.25 19例と線維化進展例のみならず,線維化非進展例でもVs値の改善を認めない症例を認めた.一方Vs値の低下しなかった症例の内M2BPGiが低下した症例は34例(87.2%)に認めた
【結語】
C型慢性肝疾患に対するIFNフリー治療により肝硬度は線維化進展例でも非進展例でも改善を認めない症例があり,肝予備能の改善効果の評価には各種パラメーターを組み合わせて評価することが重要と思われた.