Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

一般口演 消化器
エラストグラフィ 1

(S679)

慢性肝疾患の肝線維化評価における2D-SWEの有用性:TEとの比較試験

Accuracy of 2-D SWE in the diagnosis of liver fibrosis in patients with chronic liver disease-comparison with TE-

阿部 珠美, 黒田 英克, 藤原 裕大, 三上 有里子, 石田 秀明, 大栗 拓真, 野口 幸代, 神山 直久, 滝川 康裕

Tamami ABE, Hidekatsu KURODA, Yudai FUJIWARA, Yuriko MIKAMI, Hideaki ISHIDA, Takuma OOGURI, Sachiyo NOGUCHI, Naohisa KMIYAMA, Yasuhiro TAKIKAWA

1岩手医科大学消化器内科肝臓分野, 2岩手医科大学中央臨床検査部, 3秋田赤十字病院超音波センター, 4GEヘルスケアジャパン株式会社超音波製品開発部

1Department of Hepatology, Iwate Medical University, 2Center clinical inspection section, Iwate Medical University, 3Ultrasound center, Akita Red Cross Hospital, 4Development department of Ultrasound, GE Healthcare Japan

キーワード :

【背景】
これまで我々は,慢性肝疾患患者を対象とした肝線維化診断における2D-Shear Wave Elastography(2D-SWE)の有用性について報告してきた(阿部他. AIUM 2016, JSUM 2017).しかし,2D-SWEは,Transient Elastography(TE)と比較し信頼できるエビデンスに乏しく,広く臨床応用には至っていないのが現状である.今回我々は,慢性肝疾患の肝線維化診断における2D-SWEの有用性について,肝病理所見をreferenceとしてTEと比較し検討した.
【対象と方法】
2016年4月から2017年9月に本研究に同意を得て,2D-SWE,TEならびに肝生検を同日に施行した慢性肝疾患201例(C型慢性肝疾患121例,NAFLD80例.男性115例,女性86例.平均年齢62.5歳)を対象とした.機種はLOGIQ E9(GE Healthcare)とFibroScan 502(EchosenceTM),探触子はC1-6-DプローブとMプローブを使用した.2D-SWEでは,肝S5の肝硬度(LS:liver stiffness)を10回計測し中央値を最終測定値とし,固定したelasticity gainでcolor欠損域が50 %以上を示す場合を測定無効例,測定成功率が60%未満および/または四方分位/中央値(IQR/median)が30 %以上の症例をinadequateと判定した.一方,TEは2D-SWE測定同肋間から同条件下で施行し,既報に従い,測定成功率が60%未満,IQR/median30%以上の症例をinadequateとした.また,同肋間より超音波ガイド下で肝生検を行い,本学病理専門医が病理診断を行った.2D-SWEならびにTEの測定成功率,肝線維化診断能を比較検討した.
【結果】
(1)全症例における2D-SWE,TEの測定成功率は98.5%(198/201),92.5%(186/201)で,2D-SWEが高い成功率を示した.測定失敗例は,息止め不良例,肥満例であった.(2)測定成功例18例,肝組織評価の困難な12例および多量飲酒歴を有した3例を除外し,173例を最終的な解析対象とした.(3)2D-SWEとTEとの間に有意な正の相関関係を認めた(r=0.704,p<0.0001).(4)2D-SWE/TEにおける肝線維化stage別のLSは,F0(35): 4.9kPa/4.2kPa,F1(51):5.7kPa/5.1kPa,F2(36):7.3kPa/6.6kPa,F3(18):10.2kPa/10.3kPa,F4(33):13.2kPa/23.4kPaで両者とも肝線維化進展とともに上昇した(p<0.0001).(5)2D-SWEのAUROCはF≥1/F≥2/F≥3/F4で0.867/0.924/0.938/0.954,TEは0.781/0.878/0.93/0.949であり,2D-SWE は,TEにほぼ匹敵した肝線維化診断能を示したが.F≥1ならびにF≥2に関しては,2D-SWEがTEより高い診断能を示した(F≥1:p=0.039,F≥2:p=0.048).
【結語】
2D-SWEはTEと同様に優れた肝線維化診断能を有する.一方,測定成功率や軽度線維化例の検出に関しては,2D-SWEがTEよりやや優れていた.