Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

一般口演 循環器
右心

(S633)

大動脈弁置換術における術前後の右室機能について

To Right Ventricular Function After Aortic Valve Replacement Surgery in Patients with Severe Aortic Stenosis

山口 一人, 山崎 悠, 山本 真功, 鈴木 孝彦, 渡會 祥子, 岡田 大司, 佐藤 寛大, 遠藤 昭博, 吉冨 裕之, 田邊 一明

Kazuto YAMAGUCHI, Yu YAMASAKI, Masanori YAMAMOTO, Takahiko SUZUKI, Syoko WATARAI, Taiji OKADA, Hirotomo SATO, Akihiro ENDO, Hiroyuki YOSHITOMI, Kazuaki TANABE

1島根大学医学部内科学講座第四, 2島根大学医学部附属病院検査部, 3豊橋ハートセンター循環器内科, 4豊橋ハートセンター臨床検査科

1Department of Cardiology, Shimane University Faculty of Medicine, 2Laboratory, Shimane University Hospital, 3Department of Cardiology, Toyohashi Heart Center, 4Laboratory, Toyohashi Heart Center

キーワード :

【背景】
経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)は,従来の外科的大動脈弁置換術(SAVR)適応である重症大動脈弁狭窄症(AS)において高リスク患者に対する新たな治療法として開発された.現在ではSAVRと並ぶ治療方法のひとつとなっている.大動脈弁置換術による左室機能改善についての報告はあるが,右室(RV)機能への影響における検討は少ない.今回,心エコー図検査を用いてTAVIおよびSAVR前後のRV機能を比較検討した.
【方法】
対象は重症AS患者17例,内訳としてはTAVI適応となった6症例(84±5歳,弁口面積 0.49±0.01cm2)とSAVR適応となった11症例(77±9歳,弁口面積 0.64±0.11cm2)であった.全例で術前および術後6ヵ月に,心エコー図検査を施行した.RV機能はスペックルトラッキング法を用いてRVのglobal free wall strain計測を行い評価した.術前,術後6ヵ月の心エコー図指標及びRV strainを比較検討した.
【結果】
術前の左室拡張末期径と左室駆出率(LVEF)は,TAVI群とSAVR群間に有意差は認めなかった(44±6 vs. 44±7mm; p=0.73,60±14 vs. 62±18%;p=0.39).TAVIおよびSAVRそれぞれにける術前後の心エコー図指標の変化は,LVEFでは両群とも術前後で有意な変化は認められなかった(TAVI:60±14 vs. 68±3%;p=0.12,SAVR:62±18 vs. 60±12%;p=0.40).一方RV strainでは,TAVI群は術前後で有意差を認めなかった(-12.8±5.2 vs. -15.8±1.4%;p=0.23)が,SAVR群では術後有意な低下を認めた(-19.0±4.1 vs. -15.7±1.8%;p=0.028).
【結語】
TAVIはSAVRと比較して,術後右心機能を悪化させない可能性がある.