Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

一般口演 循環器
心房

(S620)

洞調律患者における左房内血栓の予測因子

Predictive factors of cardiogenic thrombosis in patients with sinus rhythm

正井 久美子, 合田 亜希子, 菅原 政貴, 尾下 武, 太田 佳宏, 大門 愛加, 峰 隆直, 朝倉 正紀, 石原 正治, 増山 理

Kumiko MASAI, Akiko GODA, Masataka SUGAHARA, Takeshi OSHITA, Yoshihiro OHTA, Aika DAIMON, Takanao MINE, Masanori ASAKURA, Masaharu ISHIHARA, Tohru MASUYAMA

兵庫医科大学内科学循環器内科

Department of Internal Medicine, Caridiovascular devision, Hyogo College of Medicine

キーワード :

目的:脳梗塞患者の約25%は心原性塞栓が原因とされており,心原性塞栓の原因としては左房内血栓が最も多い.左房内血栓形成の要因として心房細動が重要であるが,近年洞調律患者においても左房内血栓が塞栓性脳梗塞の原因となりうることが報告されている.左房内血栓形成要因の一つとして左房機能が存在し,左房機能はその時相により①Reservoir function②Conduit function③Booster pump functionの3つに分けられる.今回我々は,洞調律患者において左房のどの機能が左房血栓,もやもやエコーの形成と関連しているのかを検討した.
対象:当院において経胸壁心エコー図検査と経食道心エコー図検査を3日以内に施行し,いずれの検査時にも洞調律を認めた患者で,不整脈,中等度以上の弁膜症,人工透析の患者を除外した65例を対象とした.
方法:従来の経胸壁心エコー図検査に加えて,左房容積(LAV)を拡張末期(LAV min),収縮末期(LAV max),P波の開始時(LVA pre-A)の3時相においてBiplane法を用いて計測し,各左房機能を下記の計算式により算出した.(1)Reservoir function(RF)=[(LAV max – LAV min)/ LAV min]× 100,(2)Conduit function(CF)=[(LAV max – LAV pre-A)/ LAV max]× 100,(3)Booster pump function(BF)=[(LAV pre-A – LAV min])/ LAV pre-A]× 100. さらに,経食道心エコー図検査において,左房内血栓・もやもやエコーを認めた群(血栓(+)群)と認めなかった群(血栓(‐)群)の2群にわけて比較検討をおこなった.
結果:血栓(+)群は16例(血栓4例,もやもやエコー12例),血栓(‐)群は49例であった.血栓(+)群は血栓(‐)群と比較し,左房容積係数が大きく(p= 0.001),左室流入血流速波形のA波が低く(p= 0.003),僧帽弁輪部運動速波形のa´が低かった(p= 0.042).また,左房容積から求めたRFとBFは血栓(+)群において有意に低値であったが(74±55% vs. 153±88 %, p= 0.01, 20±15% vs. 42±15%, p= 0.01),CFには有意差は見られなかった(23±8% vs. 25±14%, p= 0.67 ).左房のBooster pump機能を反映すると考えられるa´とBFの間には有意な相関関係はなく,これらを用いて,血栓(+)を予測する多変量解析を行ったところ,BFが血栓形成と最も関連が高かった.(p= 0.01)左房容積と血栓形成のリスクについてはすでに多くの報告がされていることから,左房容積に加えてBFを解析する意義について検討するため,ロジスティック回帰分析によるχ二乗検定に行った.その結果,LAVIにBFを加えることにより,LAVI単独よりも血栓形成の予測効果が増大した(18.9 vs 27.2, p=0.001).
結論:左房拡大と,左房容積により評価したBooster pump functionの低下は洞調律患者における血栓・もやもやエコーの形成の予測因子となりうる.