Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.06

Original Article(原著)

(0723 - 0728)

頸動脈エコースクリーニング基本的検査項目手順の策定

Development of carotid ultrasound screening procedure

小谷 敦志1, 濱口 浩敏2, 松尾 汎3

Atsushi KOTANI1, Hirotoshi HAMAGUCHI2, Hiroshi MATSUO3

1近畿大学医学部奈良病院臨床検査部, 2北播磨総合医療センター神経内科, 3松尾クリニック

1Department of Clinical Laboratory, Kindai University School of Medicine NARA Hospital, 2Department of Neurology, Kita-harima Medical Center, 3Matsuo Clinic

キーワード : carotid ultrasound, screening procedure

はじめに:現行の頸動脈エコー検査においては,2種類のガイドライン(標準的評価法)が存在する.しかし,実際の現場では両評価法をもとに独自の計測を行っているのが現状である.目的:全国の頸動脈エコーを施行している主要施設にアンケートを行い,各施設での頸動脈エコーの検査内容を調査し,実臨床に即した手順を策定する.対象と方法:2010年5月に全国61施設に対してアンケートを依頼し,その結果をもとに2013年から2014年にかけて頸動脈エコースクリーニング基本的検査項目および手順を策定した.結果と考察:アンケート結果より,最も重視されている項目はmax IMTであることが判明した.一方で,血流速度やプラーク性状など,一部では必須と考えられながらも再現性が良いと判断されない項目もみられた.これらをもとに,スクリーニング手順としてA.必須項目(CCA,分岐部,ICA max IMT,CCA血流速度,VA血流速度,VA血管径),B.准必須項目(CCA mean IMT,CCA血流速度,ICA血流速度),C.追加項目(CCA血管径,ICA血管径,ECA血流速度,右SCA IMT)の三段階に分ける方法を策定した.この結果,頸動脈エコーでスクリーニングに優先されるべき項目が明瞭となり,検査時間の短縮を図ることが可能になった.結論:ガイドラインを参考に,実際の現場に即した検査手順を策定した.

Background and Objective: The purpose of this study was to survey carotid ultrasonography practices at major institutions performing carotid ultrasonography, and to develop a procedure manual. Subjects and methods: A questionnaire survey of 61 institutions was conducted in May 2010, and basic parameters and procedures for carotid ultrasonography screening were formulated from the results. Results and Discussion: The results of the questionnaire indicated that the most emphasized parameter was max IMT. Parameters such as blood flow velocity and plaque properties, while considered essential, were not judged to be well reproduced. Based on these findings, a screening procedure divided into three stages was developed: A) essential parameters (CCA, bifurcation, ICA max IMT, CCA blood flow velocity, VA blood flow velocity, VA diameter); B) secondary essential parameters (CCA mean IMT, ED ratio of CCA, ICA blood flow velocity); and C) additional parameters (CCA diameter, ICA diameter, ECA blood flow velocity, right SCA IMT). Conclusion: With reference to this study and guidelines, examination procedures relevant to actual clinical practices were developed.