Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.05

Original Article(原著)

(0655 - 0662)

脂肪肝実質に出現する“簾状エコー”の発生機序に関する考察

Discussion of mechanism behind “bamboo blind” sign observed in fatty liver parenchyma

神山 直久1, 住野 泰清2, 丸山 憲一3, 松清 靖2, 和久井 紀貴2, 篠原 正夫2

Naohisa KAMIYAMA1, Yasukiyo SUMINO2, Kenichi MARUYAMA3, Yasushi MATSUKIYO2, Noritaka WAKUI2, Masao SHINOHARA2

1GEヘルスケア超音波製品開発部, 2東邦大学医療センター大森病院消化器内科, 3東邦大学医療センター大森病院臨床生理機能検査部

1Ultrasound Division, GE Healthcare, 2Department of Gastroenterology and Hepatology, Toho University Omori Medical Center, 3Department of Clinical Functional Physiology, Toho University Omori Medical Center

キーワード : fatty liver, chronic liver disease, ultrasound tissue characterization, sound refraction

目的:高度の脂肪肝や非アルコール性脂肪性肝炎の症例において,B-mode像に複数観察される,線状の低エコーアーチファクト,いわゆる「簾状エコー」について発生機序の解明を行うこと.対象と方法:はじめに,簾状エコーの可能性がある音響陰影アーチファクト6種類を定義し,脂肪肝症例21例(うち高度脂肪肝9例)に対して記録されたB-mode画像を元に,種類ごとの発生機序を特定する.また対象症例に対し病理診断にて脂肪割合と線維化スコアを得る.さらに,グラファイトファントムの空隙に異なる音速の水溶液を注入し,異なる音速を持つ媒質の境界で,屈折による音響陰影が発生することを検証する.結果と考察:簾状エコーは,肝臓内血管断面から発生している,という仮説が最も適合した.また簾状エコーに類似した陰影が肝外からも発生していることも判明したが,最大輝度保持法を利用したB-mode再構成により両者の判別が可能となった.ファントム実験では,音速値が2.6%低い媒質間においても音響陰影の発生が観察され,これは高度脂肪肝における肝臓実質の音速低下のレベルに同程度であることが考察できた.結論:高度脂肪肝により音速が低下した肝実質と血管内血液間の屈折現象が,簾状エコー発生の一つの主要な原因であることが明らかとなった.

Purpose: To elucidate the mechanism behind the so-called “bamboo blind” sign frequently observed on B-mode images as multiple low-echoic lines in nonalcoholic steatohepatitis and highly fatty liver cases. Subjects and Methods: Six types of acoustic shadowing artifacts that might be the cause of the bamboo blind sign were defined. B-mode images were acquired for 21 fatty liver cases (inc. 9 highly fatty liver cases). The cases were then pathologically diagnosed. A phantom experiment was also performed to investigate whether the refraction occurs due to the gap of sound velocity between two different media. Results and Discussion: The mechanism of the bamboo blind sign corresponded well to the acoustic shadowing from small vessels in the liver. The phantom experiment validated the same phenomenon at a larger gap in sound velocity, which can be regarded as the same level as that in highly fatty liver cases. Conclusion: The refraction between blood vessels and highly fatty liver parenchyma with decreased sound velocity is the dominant reason for the bamboo blind sign.