Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

特別プログラム・知を究める 血管
シンポジウム 血管3 血管エコー標準的評価法の改訂:何が変わった?

(S452)

脳血管障害と頸動脈エコー

Various roles of the carotid ultrasonography in the stroke case

濱口 浩敏

Hirotoshi HAMAGUCHI

北播磨総合医療センター神経内科

Department of Neurology, Kita-harima medical center

キーワード :

はじめに
 血管エコーは全身血管を無侵襲に評価できる非常に有用な検査法である.脳卒中領域についても,低侵襲,無侵襲な検査法であるCT,MRI,MRAに加えて,エコー検査が重要な役割を担っている.なかでも,頭蓋内外動脈狭窄や,塞栓源になりそうなプラークの存在は脳梗塞の主原因の一つである.これらの観察に頸動脈エコーを用いることで,危険性の評価と適切な治療方針を検討することができる.今回,脳卒中領域における頸動脈エコーの役割と可能性について改定標準的評価法の内容を中心に報告する.
1.脳梗塞の原因精査としてのエコー検査の役割
1)プラーク評価  
 プラークの性状を詳細に評価することで,脳梗塞発症における危険性の評価が可能になり,治療方針の決定に役立つ.プラーク評価のポイントとしては,プラーク厚,表面性状,内部性状,可動性などを観察する.特に注意したいのは,脳梗塞のリスクが高いプラークの存在である.要注意なプラークには,①低輝度プラーク,②潰瘍病変,③可動性プラーク,④fibrous capが薄いプラーク,⑤急速進行・変化する血栓,狭窄,などが挙げられる.特に,可動性プラークは表面,内部,プラーク全体の可動性で分類される.これらのプラークを観察した場合は,性状評価を精密に行うことで,発症リスクの判断ができ,保存的治療を行った場合でも,定期的に観察することで性状の変化を確認することができる.
2)内頸動脈狭窄
 内頸動脈狭窄の評価には,NASCET法,ECST法,短軸面積法,PSV(最大収縮期血流速度)などが治療方針決定に用いられている.中でも血流速度の計測は,高位分岐例や石灰化病変により狭窄率が評価できない場合でも有効であり,第一に評価する項目である.PSVが125から130cm/s以上で狭窄あり,200から230cm/sで有意狭窄ありと判断できる.狭窄率を算出することで,内膜剥離術や頸動脈ステント留置術を用いるか,内科的治療を行うかを判断できる.周術期の観察にも注意が必要であり.術前にはプラーク性状,血管径,高位分岐の有無,遠位端の情報などを観察する.ステント留置後は,ステント内プラークの突出や可動性血栓の存在,ステント端の残存プラークなどにも注意が必要となる.最近では,エコーガイド下にステント留置を行うことも試みている.
2.脳卒中のリスク管理としての頸動脈エコー検査
1)IMT計測
 日常診療の中で,内中膜厚(intima-media thickness:IMT)は早期からの動脈硬化の指標とされ,脳卒中や心血管イベントとの関連や,薬剤に対する治療効果の判定など利便性が高い.ただし,手動での計測には誤差の要素が強いため,客観的にIMTを評価する方法としてIMT-C10やtrace法が有用である.
3.異常血管の評価に頸動脈エコーを用いる
1)頸動脈解離:頸動脈解離には,総頸動脈,内頸動脈解離と頭蓋外椎骨動脈解離がある.総頸動脈,内頸動脈解離の場合は,大動脈から解離が波及していることが多い.真腔と偽腔の区別には,血流パターンの評価が有用である.頭蓋外椎骨動脈解離の場合は,横突起周囲の椎骨動脈解離を注意して観察する.
2)もやもや病:もやもや病は,内頸動脈起始部の拡張部から急に狭小化していることが観察され,頸動脈エコー上,「ボトルネックサイン」と呼ばれる.
3)血管炎:高安動脈炎や巨細胞性動脈炎のような大血管炎は,頸動脈にも炎症が波及する.総頸動脈のIMC(intima-media complex)全周性肥厚(macaroni sign)や浅側頭動脈の低輝度像(halo sign)は血管炎の特徴的な所見といえる.
おわりに
 頸動脈エコーを理解し,駆使することは脳梗塞診療において重要な意味を持つ.