Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.03

State of the Art(特集)

(0491 - 0495)

High-definition real-time ultrasound imaging法

High-definition real-time ultrasound

長谷川 潤一1, 秦 利之2

Junichi HASEGAWA1, Toshiyuki HATA2

1昭和大学医学部産婦人科学講座, 2香川大学医学部母子科学講座周産期学婦人科学

1Department of Obstetrics and Gynecology, Showa University School of Medicine, 2Department of Perinatology and Gynecology, Kagawa University Graduate School of Medicine

キーワード : HD<I>live</I>, 3D ultrasound, fetal morphological assessment, prenatal diagnosis, congenital anomaly, HD<I>live</I> shilouette mode

High-definition real-time ultrasound(HDlive)は,従来からの3D/4D超音波像を,よりリアルな表面画像として構築する新しい手法である.撮像対象に仮想光源を照射することによる陰影が表現できるため,より立体感のある画像となる.皮膚を模擬した色調で表現するため胎児鏡で胎児をみた様なリアリティーの高い画像となる.さらに,この仮想光源は照射の方向を調整することが可能で,撮像対象を視点方向から照射した場合はスポットライトが当たった様に明るく表示され,背側から照射した場合は逆光を受けたシルエットの様に薄暗く表示される.本稿では,その原理と臨床応用について紹介する.

The present paper describes the usefulness of high-definition real-time ultrasound (HDlive) imaging, which is a new volume rendering mode in obstetrics. Since an adjustable light source facilitates the ability to create lighting and shadowing effects, increasing depth perception provides extraordinarily realistic imaging of the fetus. Sonographic images made by HDlive look almost like actual photographs taken by fetoscope.