Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

特別プログラム・知を究める 産婦人科
シンポジウム 産婦人科1 卵巣腫瘍

(S346)

卵巣腫瘤の超音波エコーパターン分類 あゆみと問題点

History and Problem of JSUM Public Announcement of Echo Pattern Classification of Ovarian tumors

赤松 信雄, 福本 悟, 小髙 晃嗣, 水谷 靖司

Nobuo AKAMATSU, Satoru FUKUMOTO, Kouji ODAKA, Yasushi MIZUTANI

1産科婦人科小国病院産婦人科, 2医療法人伯鳳会赤穂中央病院産婦人科, 3日本赤十字社姫路赤十字病院産婦人科

1Obstetrics and Gynecology, Obstetrics and Gynecology OGUNI Hospital, 2Obstetrics and Gynecology, AKO Central Hospital, 3Obstetrics and Gynecology, JRCS HIMEJI Red Cross Hospital

キーワード :

 当会での卵巣腫瘍悪性・良性鑑別法の報告は,腫瘤壁に厚い部分の存在や内腔への突出といった超音波所見による分類に始まり(竹内ら1977),所見の重み付けスコア化が続いた(関場ら1981).エコーパターン(以下EP)と所見を組み合わせて,卵巣腫瘍の悪性・良性の鑑別を行う手法も報告された(熊谷ら1982).このような諸家乱立の状況から専門医以外にも表現しやすい超音波像の表示方法と統一的な分類法が求められ,1992年に診断基準委員会から卵巣腫瘤のEP分類案が公示された.変更なく,案がとれたのが2000年であった.
 卵巣腫瘤のEP分類には悪性・境界悪性腫瘍である可能性がEP毎に表示されていることが,他の超音波診断基準にみられない大きな特徴である.即ち,Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ型では3%以下,Ⅳ型では約50%,Ⅴ型では約70%,Ⅵ型では約30%と注記されている.これらは1988から92年までの経腹走査超音波像に基づいている.
 卵巣腫瘤のEP分類の判別率を,崔と竹内(2001)はⅣ・Ⅴ・Ⅵ型で感度87.8%,特異度87.8%,陽性適中率58.5%,赤松ら(2013)はⅣ型60%,Ⅴ型69%,Ⅵ型23%で,陽性適中率では感度94.6%,特異度71.7%,陽性適中率55.3%).田嶋毅ら(2014)はIⅣ・Ⅴ・Ⅵ型による悪性卵巣腫瘍の診断効率は,感度83.7%,特異度85,1%,陽性適中率56.3%,陰性的中率96.8%であったと報告している.
 経腟走査がルチンに施行されるようになり,腫瘍の詳細な観察ができるようになったため悪性・境界悪腫瘍のEP分布が変わることが示された.即ち,1)Ⅱ型に境界悪性腫瘍が増加した.2)小嚢胞の集簇が明瞭となり,Ⅳ型(嚢胞部分優位の混合パターン)からⅡ型(嚢胞性パターン)に移行する症例があった.3)小さい嚢胞部分が見つかり,Ⅵ型(充実性パターン)からⅤ型(充実部分優位の合パターン)に移行する症例もあった.4)Ⅵ型の悪性腫瘍の確率が減少した.5)さらに腫瘍内血流豊富,RI低値,PSV高値などの血流情報や3Dなど,新たに観察されてきた情報が加味されていない,IOTAのように良性・悪性の判別に目的が絞られていないこともあり,改訂が望まれる.
文献 1)日超医50周年記念誌p101, 2013.2)卵巣腫瘤のエコーパターン分類の公示について. 超音波医学27 : 912-4,2000. 3)崔華ら:超音波医学28:109-119,2001.4)赤松信雄ら:超音波医学40:S578,2013.5)田嶋毅ら:日産婦誌66:870,2014.6)赤松信雄ら:超音波医学41:S336,2014.