Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.03

State of the Art(特集)

(0467 - 0476)

スペックルトラッキング法を用いた胎児心室壁運動解析

Speckle tracking-based fetal myocardial performance analysis

宮越 敬, 田中 守

Kei MIYAKOSHI, Mamoru TANAKA

慶應義塾大学医学部産婦人科

Department of Obstetrics and Gynecology, Keio University School of Medicine

キーワード : fetal myocardial performance, speckle tracking, velocity vector imaging, fetal development

スペックルトラッキング法は,スペックルを含む“領域”をBモードのフレームごとに検索し,組織局所の運動を追跡する技術である.成人ではスペックルトラッキング法により得られる心臓組織局所のVelocity,StrainおよびStrain rateが疾患の病態評価に応用されている.スペックルトラッキング法は超音波角度非依存性であるため,胎児心臓の動態解析も行われてきた.これまでの研究により,正常胎児におけるVelocity,StrainおよびStrain rateの情報が集積し,胎児心室動態の特徴が明らかになりつつある.今後,疾患児を対象としたスペックルトラッキング解析を行うことにより,疾患の病態生理について新たな知見が得られるものと期待される.

Speckle tracking is a non-Doppler, angle-independent method that enables the measurement of myocardial velocity and deformation using frame-by-frame tracking of bright myocardial areas, often termed “kernels”. With the advent of this non-Doppler technology, data on velocity, strain, and strain rate of cardiac ventricles during the fetal period have been accumulated. Of importance, speckle tracking analysis provided new insights into regional as well as global myocardial motion. With its application to “sick fetuses”, speckle tracking has potential impact on in utero assessment of fetal cardiac function leading to the optimal perinatal management.