Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.03

State of the Art(特集)

(0457 - 0465)

Sonography-based volume computer-aided display labor法

Translabial ultrasound in the second stage of labor

小林 浩一, 後藤 美希, 坂巻 健

Koichi KOBAYASHI, Miki GOTO, Ken SAKAMAKI

東京山手メディカルセンター産婦人科

Japan Community Health care Organization, Tokyo-Yamate Medical Center

キーワード : translabial ultrasound, perineal ultrasound, progression angle, head direction, midline angle

Sonography-based volume computer-aided display labor法を用いた分娩時の経会陰超音波検査は,児頭の下降や回旋の評価などにおいて,内診所見を補完することが可能である.また,鉗子や吸引で児頭を牽引する場合,その安全性や成功率を評価することができ,牽引を開始する方向を知ることができるため安全で確実な鉗子/吸引分娩に寄与する可能性がある.

Translabial ultrasound in the second stage of labor can be complementary to vaginal examination for evaluation of fetal descent and rotation. Furthermore, it can contribute to an easy and successful instrumental delivery, because we can evaluate the probability and safety of these procedures and can estimate the direction of extraction.