Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.01

State of the Art(特集)

(0043 - 0047)

東日本大震災時における日本超音波医学会事務局の対応

What did the Japan Society of Ultrasonics in Medicine do after the Great East Japan Earthquake?

山本 一博

Kazuhiro YAMAMOTO

鳥取大学医学部病態情報内科

Division of Cardiovascular Medicine, Endocrinology and Metabolosm, Department of Molecular Medicine and Therapeutics, Faculty of Medicine, Tottori University

キーワード : earthquake, portable echo, delivery

2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災にあたり,被災地の方々に日本超音波医学会として何ができるかを考え,そして被災地におられる学会員からの要請に応える形で被災地に携帯型エコーを届けるという作業を行った.本稿は,どのようなことを学会として考え,何を行い,その過程でどのような問題点があったかを客観的に記述して残し,今後,何らかの形で参考としていただけることを目的としている.

After the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011, the Japan Society of Ultrasonics in Medicine sent portable echo machines to Iwate, Miyagi, and Fukushima prefectures at the request of a member of the society. This manuscript aims to record what the society considered, what the society did, and what kinds of obstacles the society faced for future reference.