Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2017 - Vol.44

Vol.44 No.Supplement

頭頸部超音波ハンズオンセミナー
ハンズオンセミナー1(頸部)企画 耳鼻咽喉科・頭頚部超音波ハンズオンセミナー

(S704)

頭頸部領域の超音波診断に適した診断装置選択と検査手順

松浦 一登

Kazuto MATSUURA

宮城がんセンター頭頸部外科

Miyagi Cancer Center

キーワード :

超音波検査(US)は軟部組織の空間分解能が高く,非侵襲的かつ簡便で,リアルタイムに診断に直結した情報を得ることができる.USは比較的表層に存在する組織の診断に威力を発揮するので頭頸部領域の診断に有用である.
USで通常用いる探触子はリニア型で,中心周波数7.5MHz以上のものを選択し,Bモードを用いる.検査時には①フォーカス②ゲイン③STC(sensitivity time control)に注意して機器の調整を行う.診断の補助となる特殊モードには,血流診断に役立つドプラ法と硬さの診断に役立つエラストグラフィがあり,様々な知見集積がされてきている.頸部をもれなく観察するためには走査の手順をあらかじめ決めておく必要があり,基本となる臓器や血管(甲状腺や唾液腺,気管,食道,総頸動脈,内頸静脈など)をメルクマールとして同定し,病変部の位置や深さを確認していく.
本セミナーでは解説・実習を通して,操作の手順と検査時の注意点について理解を深めることを目的とする.