Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2017 - Vol.44

Vol.44 No.Supplement

一般口演 乳腺(JABTS)
Her2陽性乳癌

(S590)

HER2陽性乳癌とHER2陽性Luminal B乳癌の超音波画像の比較検討

Comparison of ultrasound examinations between Her2 positive breast cancer and Her2 positive luminal B breast cancer

森田 孝子, 須田 波子, 大岩 幹直, 遠藤 登喜子

Takako MORITA, Namiko SUDA, Mikinao OIWA, Tokiko ENDO

1名古屋医療センター乳腺科, 2東名古屋医療センター乳腺外科

1Department of Senology, Nagoya Medical Center, 2Department of Breast Cancer, Higashi Nagoya Medical Center

キーワード :

【はじめに】
乳癌の中で予後不良といわれたHER2陽性乳癌(H2タイプ)は,ハーセプチンなどの治療薬によって,予後良好な乳癌となりつつある.しかし,様々な治療を行っても治療効果がない症例も存在する.H2乳癌が早期に診断できれば良いと考えられるが,そのためには,早期のH2乳癌の画像情報が共有されるべきであろう.第87回当学会でH2乳癌の超音波画像について発表した.今回は,H2乳癌とホルモン受容体陽性H2乳癌(HR+H2タイプ)のマンモグラフィ(MG)所見,超音波所見と病理像について比較検討したので報告する.
【対象と方法】
2010年から2016年までに当院で治療が行われたH2タイプ(浸潤癌70例 非浸潤癌28例),HR+H2タイプ(浸潤癌45例,非浸潤癌7例)を対象とした.それらの画像所見をまとめて,病理像と対比した.
【結果】
非浸潤癌の割合はH2タイプ28.6%に対し,HR+H2タイプは13.5%で,点状高エコーを伴う低エコー域が最も多い所見であったが,セカンドルックUSでのみ検出されたものもあった.浸潤癌で単独の腫瘤の場合,HR+H2タイプはD/Wが大きめに対し,H2タイプは横長の腫瘤が大部分であった.HR+H2タイプはMGでスピキュラを伴う腫瘤が8例あったが,H2タイプは1例であった.小腫瘤,低エコー域が区域性に広がる所見がH2タイプの浸潤癌に特徴的であった.H2タイプのみ8例の炎症性乳癌が存在した.H2乳癌で検診を受けているにもかかわらず,検診時の検出ができなかった例も存在した.
【考察】
H2タイプとHR+H2タイプの超音波画像は,石灰化を伴う低エコー域あるいは低エコー腫瘤を呈する点は似ているが,H2タイプはスピキュラを伴うことが少なく,また,D/Wが大きめの腫瘤でないことより,線維成分の増殖を伴わず管内病変に沿った浸潤形式をするため横長の大きい腫瘤を形成するのではないかと考えられた.またH2タイプは,HR+H2タイプより石灰化を伴う非浸潤癌が多い一方,腫瘤径が大きい浸潤癌や炎症性乳癌を呈する割合が高く,管内病変から浸潤癌への移行が速い場合や,早期より浸潤し,検診での検出が難しい症例が存在する可能性が示唆された.