Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2017 - Vol.44

Vol.44 No.Supplement

一般口演 消化器
脂肪肝1

(S518)

NAFLDにおける超音波像の検討-B-mode像とVTQ併用の有用性

Usefulness of B-mode image together with VTQ for screening NAFLD a study of biopsy-proven NAFLD patients

高畠 弘行, 上野 真行, 萱原 隆久, 守本 洋一, 友國 淳子, 佐原 朗子, 水野 元夫, 山本 博

Hiroyuki TAKABATAKE, Masayuki UENO, Takahisa KAYAHARA, Yoichi MORIMOTO, Junko TOMOKUNI, Akiko SAHARA, Motowo MIZUNO, Hiroshi YAMAMOTO

1公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院消化器内科, 2公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院臨床検査技術部

1Department of Gastroenterology and Hepatology, Kurashiki Centaral Hospital, 2Department of Laboratory Medicine, Kurashiki Centaral Hospital

キーワード :

【目的】
NAFLD・NASHの鑑別には肝生検が必要とされているが,各種慢性肝疾患においてその侵襲性から肝生検に代わり,肝硬度測定の有用性が報告されている.また,脂肪肝症例の増加から精査および治療対象者を選別することの重要性は高まっている.今回我々は組織学的にNAFLDの確定診断が得られている症例において超音波B-mode像とVirtual Touch Quantification(VTQ)を組織所見及び各種血液生化学検査と対比し,NASHの超音波検査による拾い上げの可能性を検討した.
【方法】
当院で2010年以降に肝生検を行い,確定診断の得られているNAFLD症例50例(男性18例女性32例,平均年齢57.8±12.5歳)において肝生検組織所見,臨床検査所見,B-mode像及びVTQによるせん断波速度(Vs値)を比較検討した.肝生検の結果はMatteoni分類2までのNAFL症例が4例,3以上のNASH症例が46例であった.線維化stage2以下が33例,3以上が17例で,その内肝硬変症例が5例であった.脂肪化はS1が22例,S2が20例,S3が8例であった.使用機種はB-mode像は東芝社製Aplio-XG,-400,-500で,VTQはシーメンス社製ACUSON S2000を用い測定した.B-mode像はBallestriらの報告1)に準じて,肝腎コントラスト増強,深部減衰,脈管不明瞭化,マスキングサイン,横隔膜不明瞭化,spared areaなどの因子を用いた半定量的な肝脂肪化評価法であるUS-FLI(Ultrasonographic fatty liver indicator;2-8)ならびにdegree of steatosis(1-3)で評価した.
【成績】
US-FLIは,カットオフ値4以上をNAFL 4例中3例に,NASH46例中42例に認め,むしろUS-FLIはMatteoni分類や線維化stageと負の相関を示した.NASHを疑う所見とされる櫛状エコーもNAFL 4例中3例に,NASH46例中44例といずれも高率に認め,US-FLI,櫛状エコー所見とも,脂肪肝の拾い上げには有用であったが,NAFLとNASHの判別は困難であった.VTQはMatteoni分類,線維化stage及び各種線維化マーカーと相関を示し,Matteoni分類3以上に対するROC解析ではAUROCは0.7255,線維化stage3以上に対しては同様に0.8254と良好であった.また,各種線維化マーカーすなわちFib4-index・NAFLD fibrosis score・ヒアルロン酸・Ⅳ型コラーゲン7sも良好なAUROCを示した.
【考案および結語】
脂肪肝から精査や治療対象となるNASH症例の拾い上げを行うにはB-mode像による脂肪化所見のみでは困難と考えられ,VTQ,血液マーカー等による線維化診断が有用である可能性が示唆された.
【参考文献】
1)Ballestri S et al. Ultrasonographic fatty liver indicator, a novel score which rules out NASH and is correlated with metabolic parameters in NAFLD. Liver Int 2012; 32: 1242 - 52