Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.04

State of the Art(特集)

(0477 - 0485)

Transient elastography(FibroScan)による肝硬度測定

Liver stiffness measurement by transient elastography (FibroScan)

斎藤 聡1, 伝法 秀幸2

Satoshi SAITOH1, Hideyuki DENPO2

1虎の門病院肝臓内科, 2虎の門病院分院臨床検査部

1Department of Hepatology, Toranomon Hospital, 2Department of Clinical Laboratory, Toranomon Hospital

キーワード : transient elastography, FibroScan, liver stiffness measurement, liver fibrosis

Transient elastography(TE)は装置のプローブから発するせん断弾性波の肝臓内の伝播速度を計測し,肝硬度を求める装置である.肝硬度は肝線維化を反映するため,線維化評価に関して,侵襲性の高い肝生検の代替え検査として使用可能である.使用装置はフィブロスキャン®(FibroScan)である.世界中で数多く使用され,我国でも肝硬変の診断に関して保険承認がなされている.線維化評価の中でも,肝硬変の診断能は高く,C型肝疾患における肝硬変の鑑別能はAUROC(area under the receiver operating characteristic curve)がおおむね0.9以上である.原疾患毎に肝硬度のカットオフ値は異なるものの,それぞれ肝硬変の検出には高い診断能を有する.TEによる肝硬度は線維化をよく反映するが,それ以外では炎症(急性肝炎など),うっ血,胆道内圧上昇,アミロイド沈着などの影響を受けるとされている.従来,超音波検査は定性的かつ主観的な検査であり,個々の検者の技量に依存するところが大きかった.一方,TEは一定の方法通りに行えば,定量的かつ客観的な検査方法となる.

Liver stiffness measurement (LSM) by transient elastography with use of FibroScan is one of the most accurate methods for staging liver fibrosis. LSM can be readily performed by an operator after a short training period. Transient elastography is a promising noninvasive alternative to liver biopsy for detecting hepatic fibrosis. LSM by transient elastography is the most popular method for detecting liver fibrosis stage in the world. Many other factors may also increase liver stiffness such as hepatic infiltration by hepatic inflammatory cells, increased venous pressure, mechanical cholestasis, and amyloidosis. Transient elastography appears to be a clinical useful test for detecting cirrhosis, in particular.