Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2017 - Vol.44

Vol.44 No.Supplement

特別プログラム 血管
シンポジウム 血管1 血管領域における比較的稀な所見・疾患・病態に遭遇した時,あなたはどう評価し,診断に結びつけますか?

(S393)

腹部血管

Abdominal vessels

西上 和宏

Kazuhiro NISHIGAMI

御幸病院LTAC心不全センター

LTAC Heart Failure Center, Miyuki Hospital

キーワード :

【背景】
腎動脈以外の腹部血管は単独で精査の対象となることは少なく,一般に心エコー,下肢動脈エコー,下肢静脈エコーの際に併せて評価し,偶然に疾病が発見される.本シンポジウムでは,比較的稀な所見・疾患・病態が焦点になっており,それらを中心に呈示したい.
【腹部静脈】
下大静脈は閉塞・欠損がまれにみられ,先天異常では左腎静脈を介して奇静脈に還流することが多い.下大静脈の血栓は腫瘍との鑑別が問題となる.腹部はリンパ節を含め腫瘍に注意する.門脈系の血栓もまれにみられる.門脈気腫は腸管に壊死を含めた障害が示唆される.
【腹部大動脈】
動脈硬化性の変化は大動脈瘤を含め多いが,特にIgG4関連疾患で大動脈周囲の繊維化が話題となっている.内腸骨動脈瘤はエコーで見逃されやすい.大動脈解離では,分枝血管の虚血が問題となる.上腸間膜動脈の解離が時にみられる.ステントグラフト留置後の評価や経カテーテル大動脈弁留置術のアクセスルート合併症で腸骨動脈が注目されている.
【腎血管】
心不全の原因となる腎動脈狭窄は要注意である.左腎静脈はナッツクラッカーサインで有名だが,頻度は少ない.腎血管奇形がまれにみられる.
【結論】
心エコー,下肢動脈エコー,下肢静脈エコー,腹部エコーの際に併せて腹部血管を観察することが肝要である.予想外の疾患を検出することはまれではなく,それが病態の本質につながることもある.ルチーンのエコーに腹部血管のスクリーニングを含めることが望ましい.