Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.01

State of the Art(特集)

(0067 - 0074)

労働安全衛生領域における運動器エコーの意義

Musculoskeletal sonography in occupational health

中島 浩志

Hiroshi NAKAJIMA

聖マリアンナ医科大学整形外科学講座

Department of Orthopaedic Surgery, St. Marianna University School of Medicine

キーワード : occupational health, industrial physician, sonography, musculoskeletal

上肢筋骨格系障害に対する超音波診断の有用性,超音波検査業務の労働衛生管理,作業関連筋骨格系障害に対する医学会の取り組みについて述べる.医科大学病院の産業医を勤める著者の視点から,超音波検査への安全配慮を検討した.セルフケアとして,超音波検査者が運動器エコーを自己検査できるように,全検者を対象に運動器エコーを衛生教育したい.超音波検査者が安全・快適に働くためには,整形外科医・産業医を加えた取り組みが必要である.

I described the usefulness of echography in upper-extremity musculoskeletal disorders, labor management of sonographers, and the actions being taken by medical societies for work-related musculoskeletal disorders. From the viewpoint of an industrial physician in a medical college hospital, I investigated safety considerations in the field of sonography. Sonographers should inspect their own extremities by echography, and consult an orthopedist or industrial physician.