Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2017 - Vol.44

Vol.44 No.Supplement

特別プログラム 小児
ワークショップ 小児 縦長心エコー(成長とともに変わる小児心エコーの役割)

(S323)

胎児心エコー

Fetal Echocardiography

新居 正基

Masaki NII

静岡県立こども病院循環器科

Cardiac Department, Shizuoka Children's Hospital

キーワード :

胎児画像検査の発達に伴った出生前診断の進歩は,先天性心疾患の治療体系を大幅に変える可能性がある.胎児心疾患の重症度に応じた出生前の母体搬送は重症先天性心疾患児の治療集約化に寄与する可能性があり,救命率の改善と医療の効率化の両方への寄与が期待される.胎児画像診断の中心的役割を果たす胎児心エコー検査は今後も重要性が更に増す分野であると考えられ,周産期のエコー検査に関わる医師や検査技師は本検査に関する知識や技能を身につけておくことが望まれる.本講演では胎児心エコー検査における解剖学的評価から機能評価までを概説して行う.