Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2015 - Vol.42

Vol.42 No.01

State of the Art(特集)

(0005 - 0019)

一般外来診療領域における運動器エコーの意義

The roll of musculoskeletal ultrasound in general orthopaedic practice

笹原 潤, 高尾 昌人

Jun SASAHARA, Masato TAKAO

帝京大学医学部整形外科学講座,帝京大学スポーツ医科学センター

Department of Orthopaedic Surgery, Teikyo University School of Medicine, Teikyo University Institute of Sports Science and Medicine

キーワード : musculoskeletal ultrasound, general orthopaedic practice, ultrasound-guided intervention, ankle sprain

超音波検査は,表在組織を鮮明に描出することが困難であったため,整形外科では広く普及しなかった.しかし,近年における高周波リニアプローブの開発や画像構築技術の進歩により表在組織を鮮明に描出することが可能となった今,整形外科における超音波検査(運動器エコー)が急速に普及している.単純X線検査は,その低コストと簡便性から,一般外来診療における画像診断の中心であった.しかし,骨病変に対しては有用であるものの,軟部組織病変に対して有用とはいえない.一方,運動器エコーは,軟部組織病変はもちろん,多くの運動器疾患に対し有用であり,それらを「動きの中」で観察・評価することが可能である.さらに,簡便かつ非侵襲的にリアルタイムに行うことができるため,運動器エコーは一般外来診療における画像診断の第1選択となりつつある.最近の運動器エコーの技術進歩により,かつては画像描出が困難であった肘内障においてその病変部を直接描出できるようになり,また足関節捻挫により生じる様々な傷害においても,詳細な画像診断が可能となった.しばしば治療が長期化する凍結肩に対しては,エコーガイド下C5・C6ブロックを行い,その後にサイレント・マニピュレーションを行うことにより,疼痛や機能障害が短期間で改善するようになった.従来の一般外来診療における画像診断は,「まずレントゲン」が常識であったが,これからは「まずエコー」である.

Musculoskeletal ultrasound did not become popular in orthopaedics formerly because of the lack of the ability to visualize superficial structures, which are the targets of general orthopaedic practice. As ultrasound technology has rapidly advanced in the last decade, musculoskeletal ultrasound has become an important imaging modality. Plain radiography was the first choice of diagnostic imaging in previous general orthopaedic practice, but this was not able to detect soft tissue injury. Musculoskeletal ultrasound enables diagnosis of musculoskeletal disorders including soft tissue injury by dynamic examination. And it is also a noninvasive, easy-to-use, and real-time diagnostic modality, so it should be considered as the first choice of diagnostic imaging. Musculoskeletal ultrasound can detect pulled elbow and injury after ankle sprain. Silent manipulation after ultrasound-guided selective cervical nerve root block (C5 and C6) can reduce the duration of pain and dysfunction. The first choice of diagnostic imaging could shift to musculoskeletal ultrasound from plain radiography in the near future.