Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
産婦人科 胎児心臓循環

(S703)

重症胎児発育不全における血流異常出現パターンの決定因子

Factors that contributes to patterns of Doppler deterioration in fetal growth restriction

金川 武司, 生野 寿史, 笹原 淳, 山本 亮, 川口 晴菜, 大田 志代, 馬淵 亜希, 金井 麻子, 中野 嵩大, 石井 桂介

Takeshi KANAGAWA, Masuji HAINO, Jyun SASAHARA, Ryou YAMAMOTO, Haruna KAWAGUCHI, Shiyo OTA, Aki MABUCHI, Asako KANAI, Takahiro NAKANO, Keisuke ISHII

大阪府立母子保健総合医療センター産科

Department of Obstetrics, Osaka Medical Center and Research Institute for Maternal and Child Health

キーワード :

【目的】
胎児発育不全(FGR)の血流異常は,臍帯動脈(UA)から始まり,中大脳動脈(MCA),静脈管(DV)の順序で出現することが知られている.よって,一般的には,最初に悪化するUA血流のみが評価対象として推奨されている.しかし,FGRの血流評価にUAのみで本当に十分かどうかを分かっていない.そこで,FGRの各血管における血流異常の出現順序パターンは単一か,また,出現順序パターンを決定する因子を見出すことを目的とした.
【方法】
対象は2011年〜2014年に当センターで管理した3パーセンタイル未満のFGR 149例を対象とし,以下について後方視的に検討した.血流異常の出現順序パターンの検討については,主要転帰項目を各血流の異常とし,個々のFGRについてUA,MCA,DVにおける血流異常の出現順序を検討した.ついで,出現順序パターンを決定する因子の検討については,主要転帰項目をMCAから血流異常が始まるFGRとし,検討因子を妊娠高血圧症候群,喫煙,FGRの診断週数,血流異常の出現週数,推定体重の標準偏差値(EFW-SD),性別,羊水過少の有無とし,多変量ロジスティック回帰分析を用いて出現順序パターンを決定する因子を解析した.なお,各血流の評価には日本超音波医学会の基準値を用いて,Pulsatility Index(PI)で評価し,UA-PI, DV-PI>95th%tile, MCA-PI<5th%tileを異常とした.
【成績】
血流異常は92例(62%)に認め,血流異常の出現順序は多様で,UAの異常から始まる群(UA先行群),MCAから始まる群(MCA先行群),DVから始まる群(DV先行群)に分けられた.また,各群はそれぞれ,46例(50%),35例(38%),11例(12%)であった.また,多変量ロジスティック回帰分析にて,MCA先行群を決定する因子は,血流異常の出現週数(OR 20.6: 4.81-120)で妊娠31週に境があった.
【結論】
FGRの血流異常の出現順序は単一でなかった.妊娠31週以降は,UAからではなくMCAから血流異常を認めた.よって,特に妊娠31週以降は,FGRの血流評価にUAのみでは不十分で,MCAの評価も重要なことが示唆された.