Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 肝:症例①

(S635)

Superb microvascular imaging(SMI)が診断に有用であった門脈腫瘍栓の2例

The thread and streak sign demonstrated by superb microvascular imaging: two cases of report

大山 葉子1, 本郷 麻依子2, 長沼 裕子3, 石田 秀明4, 船岡 正人3, 渡部 多佳子4, 小川 眞広5, 鈴木 克典6, 小丹 まゆみ7

Yoko OYAMA1, Maiko HONGO2, Hiroko NAGANUMA3, Hideaki ISHIDA4, Masato FUNAOKA3, Takako WATANABE4, Masahiro OGAWA5, Katsunori SUZUKI6, Mayumi KOTAN7

1秋田厚生医療センター臨床検査科, 2市立横手病院外科, 3市立横手病院消化器科, 4秋田赤十字病院超音波センター, 5日本大学病院肝臓消化器内科, 6山形県立中央病院消化器科, 7市立横手病院臨床検査科

1Department of Medical Laboratory, Akita Kousei Medical Center, 2Department of Surgery, Yokote Municipal Hospital, 3Department of Gastroenterology and Hepatology, Yokote Municipal Hospital, 4Center of Diagnostic Ultrasound, Akita Red Cross Hospital, 5Department of Gastroenterology and Hepatology, Nihon University Hospital, 6Department of Gastroenterology and Hepatology, Yamagata Prefectural Central Hospital, 7Department of Medical Laboratory, Yokote Municipal Hospital

キーワード :

【はじめに】
Superb microvascular imaging(以下SMI)は,微細な低速血流をhigh frame(60/sec程度)で観察可能なドプラ技術である.今回我々は肝細胞癌に伴った門脈腫瘍栓をSMIで観察し診断に有用だった2例を経験したので報告する.使用装置:東芝社製Aplio500,platinum.造影剤:第一三共,ソナゾイド®
【症例1】
70歳代女性.非アルコール性脂肪性肝炎で経過観察中,肝機能の増悪を認め精査.USで肝全体に多発腫瘍を認め,門脈本幹,右枝,左枝に腫瘍栓を認めた.カラードプラ(CD)では門脈内に拍動性の遠肝性血流を認めた.SMIでは門脈腫瘍栓内部にCDでは描出できなかった微細な線状の血流を認めthread & streak signが疑われた.造影USでも門脈腫瘍栓の内部及び周囲に線状の細い血流が認められた.造影CTも同様の所見で,画像所見を総合して門脈腫瘍栓を伴った多発肝細胞癌と診断された.緩和ケアを行い診断から2ヶ月後に永眠した.
【症例2】
60歳代男性.糖尿病で近医通院中,肝機能の増悪を認め,精査目的に紹介受診.USでNASHによるLCの所見,S1を中心とした腫瘍が肝全体に転移し,門脈左枝,右枝に腫瘍栓を認めた.CDでは門脈内部に点状の拍動性血流を認めた.SMIでは腫瘍栓内に微細な線状の血流を認め,thread & streak signが疑われた.CT, MRIでも同様の所見であった.門脈腫瘍栓を伴った肝細胞癌と診断され,肝動脈化学塞栓療法を施行し,経過観察中である.
【まとめ】
Thread & streak signは門脈腫瘍栓においてみられる微細な腫瘍血管と腫瘍栓の隙間を流れる血流が入り混ざった線状または鎖状の血流所見である.Okudaらが提唱し,もとは血管造影における所見を指したが,画像診断の進歩に伴い,CTやUS,CDによる同所見が報告されている.しかし,CD所見は門脈の逆流や点状の拍動性血流という所見にとどまっていた.SMIはモーションアーチファクトを低減させ,高フレームレートで低流速の血流の視認性を向上させたドプラ技術であるが,我々の経験した症例のように,通常のカラードプラでは描出できなかった門脈腫瘍栓内部および周囲の微細な血管構築を観察可能であった.SMIは造影剤を注入することなく,造影エコーでの早期血管相にほぼ匹敵する画像を得ることができ,thread and streak signの描出に有用と思われた.
【文献】
1)Okuda K, Musha H, Yoshida T, et al. Demonstration of growing casts of hepatocellular carcinoma in the portal vein by celiac angiography: the threas and streaks sign. Radiology 1975; 117:303-309.
2)Raab BW. The thread and streak sign. Radiology 2005; 236: 284-285.
3)杉原誉明,他.造影超音波検査にてthread and streaks signを描出しえた2例.超音波医学第88回学術集会プログラム講演抄録集.2015; 42: S582.