Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 症例報告②

(S586)

大動脈弁置換術による冠動脈血流波形の経時的変化を経食道心エコー図法で観察した一例

Case report: Change of Coronary Flow Profile after Aortic Valve Replacement Assessed Using Trans-esophageal Echocardiography

永田 泰史1, 尾上 武志1, 角 裕一郎3, 林 篤志1, 大谷 恭子2, 福田 祥大1, 竹内 正明2, 尾辻 豊1

Yasufumi NAGATA1, Takeshi ONOUE1, Yuuichiro KADO3, Atsushi HAYASHI1, Kyoko OTANI2, Shota FUKUDA1, Masaaki TAKEUCHI2, Yutaka OTSUJI1

1産業医科大学循環器内科, 2腎臓内科, 3産業医科大学臨床検査・輸血部, 4産業医科大学心臓血管外科

1Department of Cardiology and Nephrology, University of Environmental and Occupational Health, 2Department of Laboratory and Transfusion Medicine, University of Environmental and Occupational Health, 3Department of Cardiovascular Surgery, University of Environmental and Occupational Health, 4

キーワード :

症例は86歳女性,高血圧と糖尿病の治療歴あり.重症大動脈弁狭窄症(AS)の手術目的で当科紹介となった.術前の検査では,心電図上ストレインパターンを伴う左室肥大を認め,心エコー図検査でも大動脈弁の高度狭窄に加え中等度左室肥大を認めた.冠動脈造影では有意狭窄は認めなかったため,単独AVRを施行された.AVR前の術中経食道心エコー図法(TEE)で,左冠動脈近位部の収縮期逆行性血流と拡張期血流の増高(70cm/s)が観察された.通常通りのAVRが施行され,大きな問題なく人工心肺を離脱した.AVR後の術中TEEでは,AVR前に認めていた左冠動脈収縮期逆行性血流は順行性へと改善したが,拡張期血流の増高は残存していた(110cm/s).AVR後4週間後に施行したTEEでは,収縮期逆行性血流は認めず,拡張期血流の波高も低下していた(35cm/s).
ASや肥大型心筋症など肥大心においては,時に収縮期逆行性冠動脈血流および拡張期血流の増高が観察される.AVRにより改善することはすでにいわれているが,AVR前後および慢性期の経過で収縮期および拡張期血流を観察した報告はない.今回,我々はTEEによりAVRによる左冠動脈血流波形の変化をAVR直前,直後,4週間後の経過で確認できた一例を経験したため,若干の文献的考察をふまえ報告する.