Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 心機能評価①

(S576)

Speckle-tracking心エコーを用いた肥大型心筋症の心筋変性およびリスク評価

Evaluation of Myocardial Degeneration and Cardiovascular Risk Using Speckle-tracking Echocardiography in Patients With Hypertrophic Cardiomyopathy

坂田 好美1, 今井 昌康2, 上杉 陽一郎1, 井坂 葵1, 松下 健一1, 横山 健一2, 似鳥 俊明2, 吉野 秀朗1

Konomi SAKATA1, Masamichi IMAI2, Youichiro UESUGI1, Aoi ISAKA1, Kenichi MATSUSHITA1, Kenichi YOKOYAMA2, Toshiaki NITADORI2, Hideaki YOSHINO1

1杏林大学医学部循環器内科, 2杏林大学医学部放射線科

1Department of Cardiology, Kyorin University School of Medicine, 2Department of Radiology, Kyorin University School of Medicine

キーワード :

【目的】
肥大型心筋症は,拡張型心筋症と比較して左室駆出率の低下は著明ではないが,突然死や心不全を合併する高リスク症例が存在し,慎重に心機能を評価することが重要である.肥大型心筋症の線維化を含めた心筋変性の評価には心臓MRIの遅延造影像が有用であるが,腎機能障害例,アレルギー症例などでは施行困難である.今回,我々はspeckle-tracking心エコー法によるstrain値を用いて心臓MRIの遅延造影と同等に心筋変性を評価できるか,また,その所見により高リスク症例の抽出が可能かを検討した.
【対象と方法】
対象は,遅延造影心臓MRI(CMRI)とspeckle-tracking心エコー(STE)を施行した肥大型心筋症30症例(男性16例,平均年齢56±19歳)である.左室短軸僧帽弁断面6 segments,乳頭筋断面6 segments,心尖部断面4 segmentsの16 segmentsに左室を分割し,それぞれのsegmentにおいて,CMRIによる遅延造影(LGE)の有無と,STEによる短軸像におけるcircumferential strain(CS)を計測した.また,心室頻拍,心不全の出現の有無を検討した.
【結果】
短軸像480 segments中142 segmentsでLGEを認めた.LGEを認めたsegmentsではLGEを認めないsegmentsと比較し,peak CSが有意に減少(-22.1±10.8 vs. -36.9±7.7; p<0.0001)していた.心室頻拍,心不全のcardiac eventsが9例(Group CE)に出現し,それ以外の症例(Group N)と比較し,Group CEではGroup Nと比較し,LGEが出現したsegmentsが有意に多く(11±5 vs. -2±2; p<0.0001),peak CSが有意に減少(-22.12±9.9 vs. -37.2±5.6; p<0.0001)していた.
【考察】
肥大型心筋症では,突然死をきたすような高リスク症例が存在し,心筋線維化を診断できるCMRIによるLGEは,肥大型心筋症のcardiac eventsの出現に関連する.LGEの出現領域ではstrain値が減少しており,STEは非侵襲的に心筋繊維化で心筋収縮能が低下した領域の評価に有用であるとともに肥大型心筋症のcardiac eventsの出現を予測できる因子であると考えられた.
【結論】
STEは非侵襲的に肥大型心筋症の心筋変性の評価および高リスク群の抽出に有用である.