Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 弁膜症

(S572)

大動脈弁狭窄症患者における左房機能:重症度との関係

Assessment of Left Atrial Function in Patients with Aortic Stenosis Using Speckle Tracking Imaging

山口 一人1, 吉冨 裕之1, 新田 江里1, 三島 清司1, 長井 篤1, 中島 龍馬2, 菅森 峰2, 遠藤 昭博2, 高橋 伸幸2, 田邊 一明2

Kazuto YAMAGUCHI1, Hiroyuki YOSHITOMI1, Eri NITTA1, Seiji MISHIMA1, Atsushi NAGAI1, Ryouma NAKASHIMA2, Takashi SUGAMORI2, Akihiro ENDO2, Nobuyuki TAKAHASHI2, Kazuaki TANABE2

1島根大学医学部附属病院検査部, 2島根大学医学部循環器内科

1Laboratory Medicine, Shimane University Hospital, 2Department of Cardiology, Shimane University Faculty of Medicine

キーワード :

【背景】
近年,2次元スペックルトラッキング法(2DSTE)による新たな左房機能の解析が可能となった.今回,2DSTE及び心エコー図指標を用いて大動脈弁狭窄症(AS)の左房機能について検討した.
【方法】
対象はAS患者25例(76±9歳)である.ASの重症度より中等症群(大動脈弁口面積(AVA)≧1.0 cm2)と重症群(AVA<1.0 cm2)に分け,さらに重症群は無症状群,有症状群の計3群に分けた.2DSTEにより四腔断面から左房のGlobal longitudinal strainを計測し,Reservoir Strain,Conduit Strain,Contractile Strainを算出した.また左房容量係数(LAVI)及び最大左房容量(LAVmax),最小左房容量(LAVmin)からLeft atrial emptying fraction(LAEF)を算出した.これら左房機能指標と左室の心エコー図指標を3群間で比較検討した.
【結果】
中等症群は9例(AVA 1.10±0.10 cm2),無症状群は9例(AVA 0.70±0.18 cm2),有症状群は7例(AVA 0.47±0.14 cm2)であった.中等症群と無症状群,有症状群において左室駆出率は有症状群で有意に低下し(65±6 vs. 69±4 vs. 44±21%;ANOVA=0.03),左室心筋重量係数では有意差は認めなかった(119±40 vs. 163±73 vs. 154±30 g/m2; ANOVA=0.15).LAVIは3群間に有意差を認めたが(40±14 vs. 63±19 vs. 68±25 mL/m2; ANOVA=0.043),無症状群と有症状群の2群間に有意差は認められなかった(p=0.25).Reservoir Strain,LAEFにおいては,有症状群が最も低値を示した(Reservoir Strain; 13.8±2.8 vs. 12.8±3.3 vs. 8.8±1.7%;ANOVA=0.008,LAEF; 51±6 vs. 41±15 vs. 33±9%;ANOVA=0.031).無症状群と有症状群間でも,Reservoir Strain,LAEFは有症状群が有意に低値であった(Reservoir Strain; p=0.031,LAEF; p=0.045).
Conduit Strain,Contractile Strainについては3群間および無症状群と有症状群間でも有意差は認めなかった(Conduit Strain ; 5.6±1.3 vs. 5.5±2.2 vs. 3.8±1.2%;ANOVA=0.06,Contractile Strain ; 8.2±2.6 vs. 7.7±2.7 vs. 4.9±2.2%;ANOVA=0.08).
【結語】
ASの重症度が高度になると左房の拡大を認め,症状を有する症例はより左房機能が低下していた.