Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 心房細動

(S566)

心房細動患者において左房スティッフネスの増加は左心耳機能低下を予測する

Feasibility of left atrial stiffness for predicting left atrial appendage dysfunction in patients with atrial fibrillation

山浦 玄斎, 渡邉 哲, 田村 晴俊, 橋本 直土, 和根崎 真大, 西山 悟史, 久保田 功

Gensai YAMAURA, Tetsu WATANABE, Harutoshi TAMURA, Naoto HASHIMOTO, Masahiro WANEZAKI, Satoshi NISHIYAMA, Isao KUBOTA

山形大学医学部附属病院第一内科

Department of Cardiology, Pulmonology, and Nephrology, Yamagata University School of Medicine

キーワード :

左心耳は脳梗塞患者における主要な塞栓源となることが報告されている.左心耳機能低下は左心耳内血栓の形成に関与している.近年,左房スティッフネスの増加が左房の構造的りモデリングの評価に有用であるという報告がある.しかし,左房スティッフネスと左心耳機能低下の関係性は未だ十分に分かっていない.この研究では左房スティッフネスが左心耳機能低下の予測に有用であるかを検討したものである.
肺静脈隔離術もしくは脳梗塞で入院した連続した253症例に対し経食道心エコーを施行した.左房スティッフネスをE/E’と左房peak systolic strainの比と規定した.左心耳血流速度は経食道心エコーで左心耳の入口部から1 cmのところで計測した.
左心耳機能低下は左心耳内血栓ありと重度の左心耳モヤモヤエコーと規定し,左心耳機能低下症例は55例であった.左心耳機能低下群は有意に年を取っており,左房容積係数は大きかった.
左房スティッフネスは左心耳機能低下群で有意に増加していた(左房スティッフネス1.65 vs 0.38,P<0.05).多変量解析では,左房スティッフネスは左心耳機能低下を予測する独立した因子であった(オッズ比2.02,P<0.05).
左房スティッフネスの増加は心房細動患者において左心耳機能低下を予測する有用な指標であった.