Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
工学基礎 組織弾性・性状評価

(S549)

生体内での血流中における音響放射力形成によるナノバブルの動態制御

Dynamics control of nanobubbles by acoustic radiation force in the blood flow

和田 洸, 小井土 惇, 宮澤 慎也, 望月 剛, 桝田 晃司

Hikaru WADA, Jyun KOIDO, Shinya MIYAZAWA, Takashi MOCHIZUKI, Kohji MASUDA

東京農工大学大学院生物システム応用科学府

Graduation School of Bio-Applications and Systems Engineering, Tokyo University of Agriculture and Techonology

キーワード :

微小気泡と超音波を併用した薬物送達システムの実現が期待されているが,薬物の血流中での拡散による濃度低下の問題がある.我々はこれまで音響放射力を用いた微小気泡(バブルリポソーム)の動態制御を報告してきたが,これまでは人工血管を用いた観測のみで,生体内での同現象は未確認であった.そこで生体内で使用可能な唯一のモニタリング手法である超音波画像の輝度値変化から,微小気泡濃度推定する予備実験を行った.次にY字型分岐流路に対して目的の流路へ押し出すように中心周波数5MHz,最大音圧300kPa-ppの連続集束超音波を照射し,音響放射力による微小気泡の誘導現象を確認した.そのパラメータを用いて,ウサギの耳血管の分岐部に対して同様の微小気泡の制御を行った.両実験の結果は傾向が一致し,目的の流路へ微小気泡濃度を最大で約2.5倍高めることに成功した.