Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

奨励賞演題
奨励賞演題 消化器 奨励賞演題 消化器

(S524)

Propagation表示を用いたShear wave elastographyの有用性

Usefulness of Shear wave elastography using Propagation of shear waves

橋詰 清孝1, 廣岡 芳樹2, 川嶋 啓揮1, 大野 栄三郎1, 林 大樹朗1, 桑原 崇通1, 森島 大雅1, 河合 学1, 中村 正直1, 後藤 秀実1

Kiyotaka HASHIZUME1, Yoshiki HIROOKA2, Hiroki KAWASHIMA1, Eizaburo OHNO1, Daijuro HAYASHI1, Takamichi KUWAHARA1, Tomomasa MORISHIMA1, Manabu KAWAI1, Masanao NAKAMURA1, Hidemi GOTO1

1名古屋大学大学院医学系研究科消化器内科学, 2名古屋大学医学部附属病院光学医療診療部

1Gastroenterology and Hepatology, Nagoya University Graduate School of Medicine, 2Department of Endoscopy, Nagoya University Hospital

キーワード :

【目的】
Shear wave elastography(SW)は組織弾性を定量評価することが可能であるが,再現性に問題があるとされている.今回,Propagation(剪断波到達時間等高線)表示が,膵に対して施行したSWの再現性向上に寄与したかどうかを検討した.
【方法】
2015年3月から12月までに東芝メディカルシステムズ社製Aplio 500を使用し,SWによる膵弾性率を測定した137例(平均年齢63.7±13.4歳,男性:女性 55:82)を対象とした.疾患の内訳は正常膵103例,慢性膵炎10例,自己免疫性膵炎4例,膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)20例(頭部11例,体尾部9例)であった.各疾患の診断は,慢性膵炎臨床診断基準2009,自己免疫性膵炎臨床診断基準2011,IPMN/MCN国際診療ガイドラインに依った.SWによる弾性率の測定は膵体部の膵実質で行い,IPMNについては測定ROI内に病変を認めない部位を対象とした.今回使用したPropagation表示は,剪断波が組織を通過した時間を等高線で表示する手法であり,剪断波の組織内での分布を把握可能である.このPropagation表示を使用して測定ROI内の弾性率を求めた.Propagation表示未使用での検討(既報)より,同一部位でのSWの測定回数は5回とし,その膵弾性率の中央値を採用した.Propagation表示にて等高線の幅が一定で平行に表示されるものを有効測定,それ以外を無効測定と定義し,全測定回数に対して有効測定であった回数の割合を測定成功率とし,測定成功率が60%以下のものは検討から除外した.検討項目は,1)正常膵における測定成功率とその再現性の程度,2)各疾患別の膵弾性率の比較とした.本検討に用いた統計手法は級内相関係数(ICC),Kruskal-Wallis test・Mann-Whitney U-testであった.また,SWの再現性評価に関してはPropagation表示未使用(既報)結果を用いた(Propagation表示未使用でのICC(1,1)/ICC(1,5)はP = 0.32/0.71).
【結果】
1)正常膵103例のうち,87例が検討対象となった.検討対象外16例中14例は測定不能,2例は測定成功率が60%以下であった.正常膵60例の膵弾性率の中央値(第1四分位数−第3四分位数)は14.8(12.1-16.6)kPaであり,測定成功率は96.3±8.3%であった.ICC(1,1)/ICC(1,5)はP = 0.74/0.93であり,Propagation表示を用いることで既報よりも高い再現性が示された.2)慢性膵炎,自己免疫性膵炎,IPMNの膵弾性率の中央値(第1四分位数−第3四分位数)は,18.3(15.6-22.3)kPa,29.2(17.7-44.0)kPa,16.7(13.4-19.9)kPaであった.正常膵と比較し,慢性膵炎と自己免疫性膵炎の弾性率は有意に高く,IPMNでは有意差はなかった(慢性膵炎:P = 0.022・自己免疫性膵炎:P = 0.007・IPMN:P = 0.054).またIPMNの局在別(頭部と体尾部)の比較でも有意差は認めなかった(P = 1.000).
【結論】
膵弾性評価においてPropagation表示を用いることはShear wave elastographyの再現性向上に寄与した.再現性の高いShear wave elastographyより得られるデータの信頼性は高く,今後膵疾患において臨床的応用が期待される.