Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2013 - Vol.40

Vol.40 No.04

Review Article(総説)

(0383 - 0392)

前立腺癌診断におけるエラストグラフィーの有用性

The utility of ultrasound elastography in the diagnosis of prostate cancer

鴨井 和実

Kazumi KAMOI

京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

Department of Urology, Kyoto Prefectural University of Medicine

キーワード : prostate cancer, screening, transrectal, ultrasonography, elastography

超音波エラストグラフィーは非侵襲的な方法で組織の硬さの違いを表示する技術であり,直腸面から離れた部分の「触診」を可能にする.前立腺癌の診断におけるエラストグラフィーの有用性については,腫瘍組織が周囲の正常組織よりも硬いことを根拠としており,その他の超音波画像診断と比べても高い前立腺癌検出の感度を期待されてきた.本稿の目的は,エラストグラフィーの前立腺癌診断における有用性についてレビューを行うことである.

Ultrasound elastography is a technique that allows visualization of tissue stiffness in a noninvasive manner, and enables “deep palpation” of the prostate. The principle of prostate cancer detection with sonoelastography relies on the fact that tumor tissue has a greater stiffness than surrounding normal prostate. Based on this premise, this method is expected to supplement the lack of sensitivity of some of the other ultrasound techniques in diagnosing prostate cancer. The aim of this paper is to review and illustrate the current status of sonoelastography in the diagnosis of prostate cancer.