Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 血管
パネルディスカッション 血管 1 下肢静脈エコーの現状と課題-診断から治療まで-

(S467)

深部静脈血栓症患者に対するカテーテル治療時の下肢静脈エコーの役割

Clinical utility of venous ultrasonography at catheter intervention for deep vein thrombosis

辻 明宏

Akihiro TSUJI

国立循環器病研究センター心臓血管内科

Department of Cardiology, National Cerebral and Cardiovascular Center

キーワード :

血栓後遺症は,深部静脈血栓症の慢性期合併症の重要な一つの合併症であり,約50%の頻度で発症するといわれている.急性期深部静脈血栓症に対するカテーテル治療は血栓後遺症の発症抑制に有効であることが報告されている.またすでに血栓後遺症を有する患者に対しても当センターではカテーテル治療を行い,ある一定の治療効果を得ている.
下肢静脈エコーは,非侵襲的であり深部静脈血栓症の診断手段としては確立されている.近年下肢静脈エコー技術の進歩により骨盤内静脈も鮮明に評価できるようになった.下肢静脈エコーにて血栓の形態や性状(浮遊の有無,輝度),側副血行路の有無,外部からの血管への圧排の有無などの評価もできる.カテーテル治療前に造影CT,MR venographyと併せて病変を評価することでカテーテル治療時安全かつ有効な結果をもたらすことができると思われる.またカテーテル治療後の再発や血栓後遺症の評価にも下肢静脈エコーは,非侵襲的に重要な役割を果たす.今回当センターでの深部静脈血栓症に対するカテーテル治療時の下肢静脈エコーの役割 重要性について症例を提示し述べる.