Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 腎・泌尿器
パネルディスカッション 腎・泌尿器 2(JSSとの共同企画) 腎泌尿器疾患で必須な超音波所見を得るためのルーチンテクニックを探る

(S451)

尿管描出のルーチンテクニック

What should we do now? Routine technique for the ureter visualization

河本 敦夫

Atsuo KAWAMOTO

東京医科大学病院画像診断部

Department of Diagnostic Imaging, Tokyo Medical University Hospital

キーワード :

【はじめに】
尿管を対象とする超音波検査法の記述は多くない.「尿管は細い管なので,とても普通の方法では超音波断層像が得られない.尿管は簡単に造影できるので,X線検査のほうがずっと有用である」1,「通常,拡張のない尿管は超音波では見えない」2,「not normally visualized on US unless dilated」3,尿管の描出が難しいのは超音波検査黎明期から近年,そして洋の東西を問わない通説である.膵管など2mmに満たない管腔が当たり前に描出される現在,超音波での尿管描出について考える.
【尿管解剖】
尿管は,腎臓から膀胱へ尿を運ぶ一対の管腔臓器である.長さは25から30cmほどで,直径3から7mm,粘膜(移行上皮),筋層(輪層と縦層の平滑筋),外膜の三層構造を示す.解剖学的には,①腹部尿管(腹腔内),②骨盤尿管(骨盤内),③膀胱尿管(膀胱壁内)の3つに分かれる.走行は腎門内下側から腸腰筋前面に沿って下行し,途中で精巣(卵巣)動脈と交差する.第4腰椎レベルで総腸骨動静脈の前を超える.さらに骨盤側壁に沿って下行,骨盤底の上面を走行し,膀胱底部後方から筋層内に潜入,最後に三角部に開く.尿管の生理的狭窄部は,①腎盂尿管移行部(ureteropelvic junction: UPJ),②総腸骨動静脈交差部(preiliac segment),③尿管膀胱移行部(vesicoureteric junction: VUJ)の3箇所である4
【尿管走査】
尿管全体の観察が求められるのは,血尿や尿細胞診陽性時の尿路検索ではなかろうか.尿路に閉塞があれば高位尿路は拡張するので,まず腹部尿管より検査を進める.腎盂尿管移行部は,腎盂と尿管が長軸状で観察できるよう,背側に近い後腋窩線上からの縦断アプローチで行う.腎が音響窓となるので,腎下端レベルまではこの走査で観察可能である.尿管に拡張があれば順に追っていくが,腹部尿管は腹側からの縦断アプローチで行う.腹部ガスを圧迫により排除し,指標となる層状構造を示す腸腰筋を描出,その前面を走行する管腔構造を見つける.精巣(卵巣)動脈との鑑別は適時カラードプラを使用する.尿管に拡張があれば,総腸骨動脈交叉部までは比較的高確率で描出が可能である.骨盤部尿管は,横断走査で腸骨内側縁と内腸骨動静脈を指標に根気よく観察する.同部の描出がもっとも困難である.膀胱尿管は膀胱を音響窓とするので,ある程度の貯尿が必要となる.結石を疑う場合,カラードプラを使用したtwinkling artifactはその存在を示唆する所見となる5.また周波数の高い探触子を用いることで尿管壁肥厚が明瞭となる.
【まとめ】
尿管全体の描出は困難でも,拡張があればどのレベルでの閉塞か推定可能である.ただし水腎症の検出のみで満足せず,生理的狭窄部を中心に閉塞部の同定を行う.また描出低下の最大の原因である消化管ガスの排除には,ある程度の時間が必要である.仰臥位を中心に左右側臥位を取り入れ,圧迫を最大限に使い描出していくことが肝要である.
参考文献
1)渡辺泱.超音波の臨床診断への応用と問題点(5) 泌尿器科領域から.臨床病理.1979;9:811-16.
2)関口隆三.腫瘍を見逃さないためのスキャンテクニック3)腎臓・脾臓・尿管.Medical Technology. 2013; 41(1):30-4.
3)Hickey J, Goldberg F. Ultrasound review of the abdomen male pelvis and small parts. Philadelphia: Lippincott; 2003. p. 253-64.
4)Frober R. Surgical anatomy of the ureter. BJU. 2007; 100: 949-65.
5)Park SJ, et al. Evaluation of patients with suspected ureteral calculi using sonography as an initial diagnostic tool. J Ultrasound Med. 2008; 27: 1441-50.