Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 乳腺
ワークショップ 乳腺(JSUM・JABTS共同企画) 乳がんに対する薬物療法の効果判定

(S418)

画像融合機能(V-navi/RVS)搭載超音波ナビゲーションの術前化学療法後乳癌手術への応用

The application of ultrasonographic navigation with image fusion system(V-navi/ RVS)to breast surgery after neoadjuvant chemotherapy

吉田 美和1, 榎戸 克年1, 高丸 智子1, 明石 定子2, 中村 清吾2

Miwa YOSHIDA1, Katsutoshi ENOKIDO1, Tomoko TAKAMARU1, Sadako AKASHI2, Seigo NAKAMURA2

1昭和大学江東豊洲病院乳腺外科, 2昭和大学病院乳腺外科

1Department of Breast Surgical Oncology, Showa University Koto Toyosu Hospital, 2Department of Breast Surgical Oncology, Showa University Hospital

キーワード :

乳癌術前化学療法(Neoadjuvant chemotherapy(NAC))施行症例では,腫瘍の縮小パターンが様々であるため,NAC前・後の詳細な画像評価に基づいて,切除範囲を慎重に決定する必要がある.NACにより原発巣の十分な縮小が得られた症例に対して乳房温存手術を行う場合,術前の腫瘍進展範囲の体表マッピング方法に世界的に確立した方法はなく,本邦では,NAC前およびNAC後の腫瘍進展範囲をマンモグラフィ,USおよび造影乳房MRIで総合的に評価したのち,USを用いて体表面でその範囲を同定し,切除ラインを決定する方法が多く採用されている.USは術前および術中にリアルタイムで腫瘍を確認できる点で優れたモダリティではあるが,NACによる修飾を受けた腫瘍の形態や血流パターンが様々であるために切除ラインの決定に難渋することも多い.近年,磁気ナビゲーションシステムを用いて,超音波(US)画像とその断面に一致する,前もって施行したUS/CT/MRI画像とを同期させて,リアルタイムで同一モニター上に描出することができる画像融合機能を搭載した超音波診断装置(V-navi/RVSシステム)が開発され,臨床応用されている.ここで,NAC後の腫瘍進展範囲の体表マッピングを行う際にV-navi/RVSシステムを導入し,NAC後のリアルタイムのUSと,あらかじめNAC前に保存しておいたUS画像やMRI画像,またはNAC後のMRI画像とをそれぞれ同期させて,同一モニターに描出しながらスキャンすることにより,各モダリティで得られたNAC前・NAC後の腫瘍の情報を体表面に同時に反映させることができ,より正確に切除範囲を決定できる可能性がある.このような背景のもと,昭和大学病院・昭和大学江東豊洲病院では,乳癌NAC施行症例において,V-navi/RVSシステムを用いた腫瘍進展範囲の体表マッピング手技を確立し,個々に応じた縮小手術を追求することを目的として,「画像融合機能搭載超音波ナビゲーションの乳癌術前化学療法後の縮小手術への応用研究」とういう課題名で共同研究を開始している.
本研究では,乳房切除範囲の縮小を目的として術前化学療法を施行した原発性乳癌患者を対象とし,主要評価項目として術前化学療法後の乳房温存手術後の切除断端陽性率(%),副次評価項目として,術前化学療法後の残存腫瘍最大径の画像融合機能を使用しない場合と使用した場合のUS測定値と組織学的測定値の差,切除標本の重量(g),追加手術の有無の評価を行っていく予定である.
会場では,本研究プロトコルの紹介,および,NAC施行後の腫瘍縮小パターンに応じて,V-navi/RVSシステムを用いた腫瘍進展範囲の体表マッピングの方法を提示する.