Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 消化器
パネルディスカッション 消化器 2(一部英語) 脂肪肝の画像診断

(S330)

Controlled Attenuation Parameter(CAP)を用いた脂肪肝の定量化

Hepatic Fat Measurement Using Controlled Attenuation Parameter(CAP)

建石 良介1, 近藤 真由子1, 榎奥 健一郎1, 中込 良1, 佐藤 雅哉1, 2, 藤原 直人1, 池田 均1, 2, 小池 和彦1

Ryosuke TATEISHI1, Mayuko KONDO1, Kenichiro ENOOKU1, Ryo NAKAGOMI1, Masaya SATO1, 2, Naoto FUJIWARA1, Hitoshi IKEDA1, 2, Kazuhiko KOIKE1

1東京大学大学院医学系研究科消化器内科学, 2東京大学医学部附属病院検査部

1Department of Gastroenterology, The University of Tokyo School of Medicine, 2Department of Clinical Laboratory, The University of Tokyo Hospital

キーワード :

【背景】
脂肪肝は,腹部超音波検査によって比較的容易に診断することができるが,術者の主観に影響される,定量性が乏しく,治療による改善や重症度の判定が行いにくいという欠点があった.Controlled Attenuation Parameterは,肝硬度測定法であるtransient elastography施行の際に使用される超音波情報を用いて,超音波の減衰から肝脂肪の蓄積度を定量化する手法である.測定値は100dB/m〜400dB/mを取り,≥222dB/mで軽度の脂肪肝,≥283dB/mで中等度以上の脂肪肝が示唆される.
【方法】
当院消化器内科及び糖代謝内科に通院,入院した慢性肝疾患患者,糖尿病患者を対象に肝硬度測定と同時にCAP測定を行った.
【成績】
慢性肝疾患では,肝弾性値,CAP値と肝線維化ステージ,肝脂肪量にそれぞれ良好な相関を認めた.また2型糖尿病教育入院患者を対象に測定を行ったところ,前述のカットオフ値で71.7%が脂肪肝ありと診断され,有意な肝線維化のカットオフ値7.0kPa以上の肝弾性値を22.1%に認めた.CAP高値と関連する因子として,BMI高値,血清中性脂肪高値が,肝弾性値高値と関連する因子としてHOMA-IRで評価したインスリン抵抗性,GGT高値,血小板低値が抽出された.また脂肪肝症例では,肝弾性値の上昇と共にCAP値は低下する傾向があり,burn-out non-alcoholic steatohepatitis(NASH)の病態が示唆された.
【結語】
CAPは,脂肪肝のスクリーニングに有用であり,肝弾性値測定と組み合わせることでNASHの拾いあげに有用である可能性がある.