Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 消化器
シンポジウム 消化器 3 胆膵疾患の造影エコー診断up-to-date

(S315)

急性胆嚢炎における造影超音波検査の意義

The usefulness of contrast enhanced ultrasonography for the diagnosis of acute cholecystitis

河合 良介1, 畠 二郎1, 眞部 紀明1, 今村 祐志1, 飯田 あい1, 中藤 流以2, 谷口 真由美3, 麓 由起子3, 岩井 美喜3, 竹之内 陽子3

Ryousuke KAWAI1, Jiro HATA1, Noriaki MANABE1, Hiroshi IMAMURA1, Ai IIDA1, Rui NAKATOU2, Mayumi TANIGUCHI3, Yukiko FUMOTO3, Miki IWAI3, Yoko TAKENOUCHI3

1川崎医科大学検査診断学(内視鏡・超音波), 2川崎医科大学消化管内科学, 3川崎医科大学附属病院中央検査部

1Department of Clinical Pathology and Laboratory Medicine, Kawasaki Medical School, Division of Endoscopy and Ultrasound, 2Department of Internal Medicine, Kawasaki Medical School, Division of Gastroenterology, 3Kawasaki Medical School Hospital, Department of Clinical Laboratory

キーワード :

【背景】
腹部超音波検査は急性胆嚢炎における画像診断の1st lineとして位置づけられている.しかし実際には評価に難渋する点も多い.Sonazoid®TMを用いた造影超音波検査(以下CEUS)がどのような情報を付加しうるのか,これまでの検討をまとめ報告する.
【肝床部早期濃染像について】
①対象は急性胆嚢炎11例・非胆嚢炎16例.Time intensity curveを用いて,肝床部と対照部の染影peak値の比をIntensity比と定義し検討した.Intensity比の中央値(interquartile range)は急性胆嚢炎群で3.396(5.65),非胆嚢炎群で1.595(1.37)であり有意差(P=0.006)を認めた.ロジスティック回帰分析ではIntensity比と胆嚢炎有無に有意な相関(P=0.043)を認めた.ROC曲線によると,Intensity比2.72をcut-offにした急性胆嚢炎診断の感度は82%・特異度は81%であった.
【壊疽性胆嚢炎について】
②対象は術前CEUSかつ外科的手術を施行された急性胆嚢炎27例.最終診断は病理診断としCEUSの壊疽性胆嚢炎診断能を算出し,かつ動画読影診断(別検者)との検者間較差について評価した.その感度は67%・特異度100%(別検者はそれぞれ73%,100%)であり,検者間一致は良好であった(κ係数0.64).
③対象は術前CEUS(動画保存あり)・術前CECT・外科的胆嚢摘出術のいずれもが施行された27例.CT診断能との比較を目的に,病理診断を最終診断としてUS/CTそれぞれ2検者が再読影した診断能および検者間較差を評価した.それぞれの感度・特異度を以下のとおりであった.超音波検者A;81%,83%・超音波検者B;86%,67%,(κ係数0.647).放射線科医A;81%,83%・放射線科医B;52%,83%.(κ係数0.571).
【考察・まとめ】
急性胆嚢炎の造影CT所見として知られる肝床部早期濃染所見を,CEUSとTime intensity curveを用いることによって定量的に表現しえた.
また,薄い胆嚢壁の染影有無の評価(=壊疽性胆嚢炎の診断)には空間分解能に優れるCEUSが有用と考えられ,かつ検者間一致も良好であった.
画像を振り返ってみても,特に壁肥厚や胆嚢周囲炎症所見に乏しい症例でCT診断が困難と考えられ,当日はCEUS動画とあわせ提示・考察する.