Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
パネルディスカッション 循環器 1 3次元心エコーはどう使うか?

(S274)

3次元心エコー図法による二次性三先弁閉鎖不全症に関与する因子の検討

Non-uniformity of Deformation-Associated Factors in Functional Tricuspid Regurgitation

郡山 恵子, 田中 秀和, 下浦 広之, 大岡 順一, 佐野 浩之, 佐和 琢磨, 望月 泰秀, 辰巳 和宏, 松本 賢亮, 平田 健一

Keiko RYO-KORIYAMA, Hidekazu TANAKA, Hiroyuki SHIMOURA, Junichi OOKA, Hiroyuki SANO, Takuma SAWA, Yasuhide MOCHIZUKI, Kazuhiro TATSUMI, Kensuke MATSUMOTO, Ken-ichi HIRATA

神戸大学大学院医学研究科循環器内科学

Cardiology, Kobe University Graduate School of Medicine

キーワード :

【背景】
中等度以上の二次性三尖弁閉鎖不全症(TR)は,右心不全の増悪因子となり,右心系のみならず左心系の疾患の予後増悪因子になることが知られている.中等度以上の二次性TRに関与する因子として弁輪拡大やtetheringによるメカニズムが報告されているが,二次性TRの原因は多岐にわたり,それらの進行の様式の違いは明らかではない.
【目的】
3次元心エコー図法を用いて三尖弁の形態評価を行い,中等度以上の二次性TRに関与する因子と,それらの因子に影響を与えている右心系の要因を検討すること.
【方法】
二次性TRを有する65名を対象とした(心房中隔欠損症:25名,肺高血圧症:21名,拡張型心筋症:19名).TRは逆流ジェットエリアおよびその右房面積との比にvena contracta,肝静脈逆流波を加味して重症度を評価を行った.三尖弁の形態指標として3次元心エコー図を用いて,tenting area,tenting height,三尖弁輪面積係数,三尖弁輪前後径(A-P),三尖弁輪中隔-自由壁径(S-L)を測定した.また,右室,右房の拡大の指標として右室長径,右室面積係数,右房面積係数を計測し,右室収縮指標として右室面積変化率を2次元心エコー図にて計測した.
【結果】
中等度以上の二次性TRは21名(32%)で認められた.三尖弁のtenting height,tenting area,三尖弁輪面積係数,S-L,右室面積係数,右房面積係数は軽度TR患者に比べて中等度以上のTR患者で有意に大であったが,A-Pには有意差が認められなかった.三尖弁のtenting heightは右室長径,右室面積係数,右房面積係数と有意に相関し,tenting areaは右室長径,右房面積係数と相関を認めた.多変量解析では,tenting height,tenting areaともに右室長径と右房面積係数がその規定因子であった.S-Lは右室長径,面積係数,右房面積係数と有意に相関し,右房面積係数のみがその規定因子であった.三尖弁輪面積係数は右室面積係数,右房面積係数と相関を認め,ともに規定因子であった.
【結論】
三尖弁の形態指標に対する右心系の規定因子は異なり,三尖弁輪面積は右室,右房双方の因子を反映していると考えられた.これらの理解には3次元心エコーが有用であり,二次性TRの管理を行ううえで,臨床的に重要であると考える.