Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 循環器
シンポジウム 循環器 4 心機能評価の新たな展開

(S268)

不整脈原性右室心筋症における右室ストレイン指標の特徴および予後的重要性

Right Ventricular Global Strain Improves Diagnostic and Prognostic Assessment in Patients with Arrhythmogenic Right Ventricular Cardiomyopathy

大西 哲存1, 芳井 孝輔2, 川合 宏哉1

Tetsuari ONISHI1, Kosuke YOSHII2, Hiroya KAWAI1

1兵庫県立姫路循環器病センター循環器内科, 2兵庫県立姫路循環器病センター放射線・検査部

1Cardiology, Himeji Cardiovascular Center, 2Radiology and Laboratory, Himeji Cardiovascular Center

キーワード :

【背景】
不整脈原性右室心筋症(ARVC)において右室機能は重要な予後規定因子である.右室機能評価において右室ストレイン指標の重要性が報告されているが,ARVC症例での検討は十分ではなく,予後的重要性は不明である.
【目的】
今回我々はARVC症例における右室ストレイン指標を含めた心エコー図右室機能指標の特徴,および右心機能指標と予後との関連を検討した.
【方法】
対象はARVCを疑われた患者連続67例(年齢46±20歳,男性50例)で,精査の結果,35例がARVCと診断され(ARVC確定群),32例が診断基準を満たさなかった(ARVC疑い群).正常対照として年齢,性別を合わせた27例(NC群)を用いた.右室機能指標として,右室流出路径,右心Tei index(RTI),三尖弁輪収縮期移動距離(TAPSE),右室面積変化率(RVFAC)を経胸壁心エコー図により測定し,2次元スペックルトラッキング法より右室global longitudinal strain最大絶対値(GLS)と右室収縮のばらつき(Ts-SD:心電図のR波から右室各6分画のlongitudinal strain最大絶対値に達するまでの時間の標準偏差)を評価した.心不全指標として,NC群以外の症例から血漿BNP値を測定した.各指標につき3群間比較とARVC確定群・ARVC疑い群の2群間比較を行い,ARVC確定群におけるストレイン指標の特徴を検討した.さらに,ARVC確定群において,心イベント(死亡,心不全入院,致死性不整脈,ICD適切作動)発生群と非発生群で2群間比較を行い,Cox比例ハザード解析で各指標と予後との関連を調べた.
【結果】
3群間および2群間比較において,ARVC確定群の右室流出路径,Ts-SDは他群に比し大であり,TAPSE,RVFAC,GLSは小であった.また,全67症例のTs-SDはGLSと負の相関を示した.平均観察期間650日においてARVC確定群35例中11例に心イベントが発生した.イベント発生群のBNP,右室流出路径,Ts-SDは非発生群に比し大であり,RVFAC,TAPSE,GLSは小であった.BNP,RVFAC,GLSは心イベント発生に有意に関連した(全てp<0.05).
【結論】
ARVC症例において,右室分画は収縮タイミングのずれを生じGLSは低値となった.右室ストレイン指標は従来の予後指標と合わせることにより,リスク層別化を可能とする新たな指標となる可能性がある.