Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

特別プログラム 領域横断
シンポジウム 領域横断 2 Image Fusionは診断能・治療成績をどの様に向上させたか?

(S189)

転移性肝癌の診断におけるCT fusion造影超音波の有用性

Usefulness of CT fusion contrast-enhanced ultrasonography to dianose small metastatic liver cancer

鈴木 康秋, 小林 裕, 村上 雄紀, 久野木 健仁, 芹川 真哉, 杉山 祥晃

Yasuaki SUZUKI, Yuu KOBAYASHI, Yuuki MURAKAMI, Takehito KUNOGI, Shinya SERIKAWA, Yoshiaki SUGIYAMA

名寄市立総合病院消化器内科

Gastroenterology, Nayoro City General Hospital

キーワード :

【はじめに】
消化器悪性腫瘍患者の肝転移スクリーニングで施行された造影CTにて低吸収域を認めた場合,腫瘤径が小さいと肝転移と肝嚢胞もしくは血管腫の鑑別が困難となる.このような場合は分解能に優れる超音波が有用であるが,多発している場合などでは,CTの関心病変と超音波で描出した病変が完全に一致しているかの判断が難しいことがある.近年,磁気センサー搭載超音波装置を用い,CTやMRIなどの他画像との統合技術による肝腫瘍の診断・治療支援が可能となった.今回我々は,消化器悪性腫瘍患者の肝転移スクリーニングCTで指摘された小型肝腫瘤の鑑別におけるCT fusion造影超音波(Fusion CEUS)の有用性について検討したので報告する.
【対象】
消化器悪性腫瘍患者30例(大腸14,胃11,膵臓3,食道1)の肝転移スクリーニングCTで指摘された径10mm以下の小腫瘍性病変109結節(平均径7mm).
【方法】
使用装置はTOSHIBA社Aplio500.Smart FusionシステムによりCT画像をレファレンスとしてB modeで関心病変を観察後,fusion下でSonazoid®造影超音波を施行.
【結果】
1,Fusion CEUSによる確定診断は肝嚢胞92,肝転移7,血管腫2,偽病変8結節であった.2,肝嚢胞は無エコーで描出され,血管腫と肝転移はCEUSの造影パターンより診断され,また偽病変はFusion CEUS後血管相でdefectを呈さないことより,転移の否定が可能であった.3,CTで指摘されずFusion CEUSで新たに同定されたものは,10例(33.3%)・15結節(13.8%:平均径6.6mm)あった.その内訳は肝転移9,肝嚢胞5,血管腫1であった.4,Fusion CEUSの結果,3例(10%)がH0→H1となり,Stageが変更され,うち2例(6.7%)は治療方針が変更(1例は切除のみ→切除+術中経皮的RFA及び術後化学療法,1例は切除→化学療法)になった.
【結語】
Fusion造影超音波は,肝転移を疑う小腫瘍性病変の鑑別診断に有用である.