Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2010 - Vol.37

Vol.37 No.04

Original Article(原著)

(0499 - 0505)

左室内腔形態と左室内非同期(dyssynchrony)との関連についての検討

Echocardiographic assessment of the relationship between left ventricular geometry and dyssynchrony

中坊 亜由美, 合田 亜希子, 大塚 美里, 松本 実佳, 吉田 千佳子, 江口 明世, 藤原 昌平, 川端 正明, 辻野 健, 増山 理

Ayumi NAKABOH, Akiko GODA, Misato OTSUKA, Mika MATSUMOTO, Chikako YOSHIDA, Akiyo EGUCHI, Shohei FUJIWARA, Masaaki LEE-KAWABATA, Takeshi TSUJINO, Tohru MASUYAMA

兵庫医科大学内科学循環器内科

Cardiovascular Division, Department of Internal Medicine, Hyogo College of Medicine

キーワード : sphericity index, tissue Doppler imaging, three-dimensional echocardiography, dyssynchrony, left ventricular geometry

目的:左室内腔形態(球形か細長)と左室内非同期(dyssynchrony)との関連について明らかにすることを目的とした.対象と方法:左室駆出分画35%未満の左室収縮能が低下した25例(女性5例,男性20例,平均64±14歳)を対象とした.心エコー図検査にて左室長径を短径で除した値(sphericity index: SI)を算出し左室内腔形態の指標とした.2Dエコーの組織ドプラ法でTs-SDを,3Dエコー法でsystolic dyssynchrony index(SDI)をdyssynchronyの指標として求め,SIとTs-SD,SDIとの関連及び治療薬の影響について検討した.結果と考察:SIとSDIは有意に相関した(r=-0.44,p<0.05)が,SIとTs-SDとの間には相関を認めなかった(r=-0.22).β遮断薬,アンジオテンシン変換酵素阻害薬/アンジオテンシン受容体拮抗薬,スタチン内服の内服群は,非内服群と比較して,それぞれSIは大きく左室は細長で,dyssynchronyは小さい傾向にあった.結論:左室が球形化した心不全患者ほどdyssynchronyは強かった.左室が球形を呈することがdyssynchronyを増悪させることが示唆された.

Purpose: The purpose of this study is to show the relationship between LV geometry (spherical or ellipsoid) and LV dyssynchrony. Subjects and Methods: The study population consisted of 25 patients (5 females and 20 males, ages 64±14 years) with severe LV systolic dysfunction (LV ejection fractionResults and Discussion: SI correlated with SDI (r=-0.44, pConclusion: There was a correlation between LV geometry and LV dyssynchrony. LV geometrical change from ellipse to sphere may facilitate LV dyssynchrony in patients with severe LV systolic dysfunction.