Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2010 - Vol.37

Vol.37 No.04

State of the Art(特集)

(0455 - 0462)

血管エコー法によるcomplexプラークとプラーク不安定化との関連

Relationship between complex plaques detected by vascular ultrasound and plaque destabilization

杉岡 憲一1, 穂積 健之1, 成子 隆彦2, 上田 真喜子3, 葭山 稔1

Kenichi SUGIOKA1, Takeshi HOZUMI1, Takahiko NARUKO2, Makiko UEDA3, Minoru YOSHIYAMA1

1大阪市立大学大学院医学研究科循環器病態内科学, 2大阪市立総合医療センター循環器内科, 3大阪市立大学大学院医学研究科病理病態学

1Department of Internal Medicine and Cardiology, Osaka City University Graduate School of Medicine, 2Department of Cardiology, Osaka City General Hospital, 3Department of Pathology, Osaka City University Graduate School of Medicine

キーワード : vascular ultrasound, complex plaques, aortic arch, carotid artery, biomarkers

動脈硬化性プラークのうち,表面不整なプラーク,潰瘍性プラークもしくは可動性を有するプラークはcomplexプラークと呼ばれる.これまで,経食道心エコー法や頸動脈エコー法などの血管エコー法にて検出された大動脈弓や頸動脈のcomplexプラークの存在は,脳卒中発症の重要な危険因子であることが報告されている.一方,動脈硬化のもう一つのアプローチとして血中バイオマーカーによるものが挙げられる.動脈硬化が炎症と関連することが明らかになり,幾つかの炎症性バイオマーカーが動脈硬化やプラークの不安定化に関連することが示されている.炎症性バイオマーカーの代表であるC反応性蛋白(CRP)に加え,近年,単球‐マクロファージ系の活性マーカーであるネオプテリンが注目されている.これまでネオプテリンは,冠動脈プラークの不安定化に密接に関連することが示されている.最近,我々は頸動脈エコー法によりcomplexプラークが検出された群において,血中高感度CRP値とネオプテリン値が高値であることを報告し,また免疫組織化学的検討により頸動脈complex プラーク内にネオプテリンの高度な集積像を認めることを明らかにした.Complexプラークとこれらの炎症性バイオマーカーが密接な関連を有することより,血管エコー法により検出されたcomplexプラークは,プラーク不安定化に関連することが示唆される.したがって,血管エコー法によりプラークのcomplexityを観察することは,プラーク不安定化を評価する上で重要であると考えられる.

In the case of atherosclerotic plaques, irregular surface plaques, ulcerated plaques, and mobile plaques are classified as complex plaques. Complex plaques in the aortic arch and carotid arteries detected by vascular ultrasound imaging such as transesophageal echocardiography and carotid ultrasound have been shown to contribute to an increased risk of stroke. On the other hand, several inflammatory biomarkers such as C-reactive protein (CRP) have been reported to be associated with atherosclerosis and plaque destabilization. Neopterin has been reported to be an activation marker for monocytes/macrophages. It has been shown that neopterin is closely associated with unstable coronary plaques in patients with unstable angina pectoris. Furthermore, we recently demonstrated that the complex carotid plaques detected by carotid ultrasound were related to increased circulating levels of high-sensitivity CRP and neopterin, and immunohistochemical localization of neopterin was observed in the complex carotid plaques obtained from carotid endarterectomy in patients with stable angina pectoris. These observations suggest that the complex plaques detected by vascular ultrasound may be associated with plaque instability. Therefore, plaque complexities assessed by vascular ultrasound should be considered in the evaluation of plaque destabilization.