Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2009 - Vol.36

Vol.36 No.02

Review Article(総説)

(0175 - 0183)

先天性心疾患の日常心エコー検査におけるピットホール

The pitfall of the echocardiography in congenital heart disease

富松 宏文

Hirofumi TOMIMATSU

東京女子医科大学循環器小児科

Department of Pediatric Cardiology,Tokyo Women′s Medical University

キーワード : congenital heart disease, echocardiography, pitfall

先天性心疾患の診療において心エコー検査は欠くことの出来ないものである.さらにその非侵襲性のため誰でも手軽にこれを使って検査出来る.しかし一方で,"エコー病"とも言える様々な誤診もあり,それが診療に悪い影響を及ぼすこともある.ピットホールが発生する原因には,人為的ミス,装置の不適切な調整,不適切な断面図,疾患の特徴や血行動態の把握が不十分,などがある.したがって,これらについて十分な理解と知識があればピットホールには陥ることはない.これらピットホールを来す可能性のある原因について概説するとともに,実例を提示した.

Echocardiography is indispensable in medical examination for congenital heart diseases. Its ease of use by medical staff arises from its noninvasiveness. However, some misdiagnoses have come to be called “echo disease” and can cause misdirection in diagnosis and treatment. These pitfalls can result from human error, improper adjustment of the device, unsuitable view selection, and insufficient understanding of the characteristics, hemodynamics, or both, of the disease. With sufficient understanding and knowledge, however, these pitfalls can be avoided. We summarize possible causes of these pitfalls and provide useful examples.