Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2009 - Vol.36

Vol.36 No.02

Review Article(総説)

(0165 - 0173)

全体的な心機能評価と局所心機能評価をどのように使い分けるか

How to assess global left ventricular function and regional myocardial function?

中谷 敏

Satoshi NAKATANI

大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学講座

Division of Functional Diagnostics, Department of Health Sciences, Osaka University Graduate School of Medicine

キーワード : ventricular volume, ejection fraction, transmitral flow, myocardial strain, dyssynchrony

全体的な心機能を見る目的は,いわゆる心臓全体の活きのよさを把握することであり,(1)疾患の重症度を知りたい時,(2)手術適応を決めたい時,(3)心疾患の予後を知りたい時,(4)治療に対する反応を見たい時などが考えられる.一方,局所機能については,(1)疾患罹患部位の活きの良さを見たい時,(2)虚血心に対するバイパス術やカテーテルインターベンション前後,(3)拡張型心筋症に対するβ遮断薬投与前後など治療効果を見たい時などであろう.いずれの評価にも沢山の指標があるが,勿論その使い分けに決まったルールがあるわけではなく,目的に応じて選択すればよい.日常臨床では,疾患の重症度を知り,その予後を推定するために全体的機能を評価し,虚血を診断する際に局所機能を見ることが多いと思われる.一般に,局所機能を評価する方が全体機能を評価するよりも鋭敏に疾患を捉えることが出来るはずである.したがって,疾患重症度をうまく反映する局所とその指標を選べば,全体機能に異常が出るのに先駆けて出現する局所機能異常を捉えることも出来るであろう.最近,手軽に使えるようになった心筋ストレインにはそのような意義があるのではないかと考えている.

There are many parameters for assessing global left ventricular function such as ejection fraction and transmitral flow. We assess global function when we want to know the severity of a disease, judge the timing of surgery and determine the prognosis of the disease. We have to choose the most suitable one from among many parameters to achieve our purpose. There are also many parameters for assessing regional left ventricular function such as wall motion and tissue velocity, although tissue velocity may be affected by whole heart motion. We want a regional parameter that can detect subtle changes in regional function because such regional changes may precede global changes. Myocardial strain can be such a parameter. Myocardial strain can be obtained by tissue Doppler echocardiography but has a limitation of Doppler angle dependency. Recent development of the speckle tracking technique facilitates easy measurements of myocardial strain irrespective of Doppler incident angle and may open new avenues for the assessment of regional function.