Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2009 - Vol.36

Vol.36 No.01

Review Article(総説)

(0003 - 0012)

造影エコーによる肝腫瘤の鑑別診断

Characterization of liver tumors with contrast-enhanced ultrasonography

田中 幸子

Sachiko TANAKA

大阪府立成人病センター検診部

Department of Cancer Survey, Osaka Medical Center for Cancer and CVD

キーワード : contact enhancement, liver tumor, contrast-enhanced ultrasonography

肝腫瘍の鑑別診断において血流画像診断は重要な位置を占めている.造影エコー法は造影CTに劣らない血流画像情報が得られ,さらに網内系細胞の存在についての情報も得られる.本稿では造影超音波検査の意義と位置付け,超音波造影剤の特性と造影効果出現の原理について述べるとともに,実際の検査の方法やプロトコール,代表的な肝腫瘍における特徴的造影所見について画像を示して解説する.

The significance of contrast-enhanced ultrasonography in the characterization of liver tumors, the features of contrast agents, and the characteristic enhanced patterns of various kinds of liver tumors are described.