Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2007 - Vol.34

Vol.34 No.03

State of the Art(特集)

(0319 - 0328)

膵の超音波内視鏡

Recent advances in EUS in the diagnosis of pancreatic diseases

廣岡 芳樹1, 伊藤 彰浩2, 川嶋 啓揮2, 丹羽 康正2, 後藤 秀実1, 2

Yoshiki HIROOKA1, Akihiro ITOH2, Hiroki KAWASHIMA2, Yasumasa NIWA2, Hidemi GOTO1, 2

1名古屋大学医学部附属病院光学医療診療部, 2名古屋大学大学院医学系研究科消化器内科学

1Department of Endoscopy, Nagoya University Hospital, 2Department of Gastroenterology, Nagoya University Graduate School of Medicine

キーワード : electronic scanning EUS, color/power Doppler flow imaging, contrast-enhanced harmonic imaging, 3-dimensional imaging, real-time tissue elastography

膵疾患診断における超音波内視鏡(EUS)の有用性はすでに確立されており,必須の検査法であると考えられている.基本となるBモード画像で同等以上の画質が得られることが証明されたことで,EUSがメカニカルラジアル走査方式から電子走査方式(電子ラジアル型,電子コンベックス型)に変化することは必然的なものとなった.電子走査方式になることで,ティッシュハーモニックイメージング法,カラードプラ断層法・パワードプラ断層法,造影ハーモニックイメージング法,三次元画像,real time tissue elastography®などがEUSで行えるようになった.このように多方面からのtissue characterizationが可能になったことは膵疾患診断に関する有用性がさらに向上したことを意味する.今後はさらに症例を蓄積し明確な臨床的有用性を証明してゆく必要がある.本稿では,電子走査型EUSで可能になった種々の画像診断法に関して概説する.

The utility of endoscopic ultrasonography (EUS) in the diagnosis of pancreatic diseases has been established already, and EUS is now thought to be an essential technique. Because electronic scanning EUS produces the same or better B-mode images, it will replace mechanical scanning EUS in the near future. Furthermore, electronic scanning EUS will make full use of many software programs such as color Doppler flow imaging, power Doppler flow imaging, three-dimensional imaging, and real-time tissue elastography. In this report, we will outline the various kinds of diagnostic imaging that are possible with electronic scanning EUS.