Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2007 - Vol.34

Vol.34 No.03

Review Article(総説)

(0271 - 0279)

ハーモニックイメージングの基礎

Basics of harmonic imaging

地挽 隆夫

Takao JIBIKI

GE横河メディカルシステム株式会社・超音波事業部

Ultrasound Business Division, GE Yokogawa Medical Systems, Ltd.

キーワード : nonlinearity parameter, beam, side lobe, tissue harmonic imaging, contrast harmonic imaging

現在の超音波診断においては,二種類のハーモニックイメージングが広く使われている.その一つは,超音波が生体内伝搬中に発生する高調波を利用するティッシュハーモニックイメージングで,Bモード画像の方位分解能とコントラスト分解能を改善する.もう一方は,微小気泡から成る造影剤を用いたコントラストハーモニックイメージングであり,腫瘍血管や組織染影を得ることが可能となっている.本稿では,これらを理解するための初歩的な物理を解説する.

Two types of “harmonic imaging” techniques are widely used in ultrasound diagnosis. One type is tissue harmonic imaging, which uses higher harmonics generated on propagation of ultrasound through tissue and improves lateral resolution and clarity in B-mode images. The other is contrast harmonic imaging with gas microbubble contrast agents, which can detect tumor vessels and tissue perfusions. The basic physics of both types is explained here.